年末年始無災害運動

化学物質のリスクアセスメントが義務化されました

化学物質による職業性疾病は、近年、溶剤、薬品等による薬傷・やけど等が多いことに加え、特別規則で規制されていない化学物質を原因とする労働災害の発生の新たな問題をも生じています。
こうした現状を踏まえ、改正労働安全衛生法では、一定の危険・有害な化学物質に対するリスクアセスメントの実施による化学物質管理を推進し、業務上疾病の発生を未然に防止する仕組みを充実強化させることとしています。

化学物質のリスクアセスメントの基本的な考え方や進め方は、一般的な作業や設備のリスクアセスメントと共通ですが、化学物質の危険性や有害性について考慮する必要があり、労働安全衛生法改正により、この化学物質のリスクアセスメントの実施が事業者の義務となりました。
〜JISHA方式化学物質リスクアセスメントマニュアルより〜
化学物質のリスクアセスメント実施支援ツールです。
GHS及び安衛法第57条の2に基づく通知対象物質及び通知対象外物質のモデルSDS(MSDS)情報が検索できます。

 

参考情報

化学物質の管理実務者養成のための研修を開催しています。

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター