お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
北海道安全衛生サービスセンター
TEL 011-512-2031
FAX 011-512-9612
E-mail: hokkaido@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

北海道安全衛生サービスセンター

安全衛生の技術専門家の派遣

北海道センター概観写真 事業場のご依頼により、「安全管理士」、「衛生管理士」などの専門家を派遣し、事業場の安全衛生水準の向上のための専門的技術支援を行います。

安全衛生の専門家の派遣についての、ご相談、お問合せは最寄の地区安全衛生サービスセンターまでお気軽にどうぞ。

 

 

割引サービス対象1.安全衛生診断(平成30年4月1日より料金が変更となります。)

割引サービスが利用できます。   ► 詳細はこちら

知識・経験の豊富な「安全管理士」、「衛生管理士」が事業場(製造業の事業場のほか、第三次産業では小売業の店舗や社会福祉施設など)にお伺いし、生産設備・工程や作業方法の問題点を明らかにし、改善のアドバイスを行います。

また、労働安全衛生法などの法令に規定されている事項の適合状況についてもチェック、アドバイスを行います。

診断の標準的な実施の流れ

1
写真  お申込み 
申込書にご記入の上、最寄の地区安全衛生サービスセンターにお送り下さい。
2
 日程調整 
地区安全衛生サービスセンターから受付の確認、日程調整などの連絡をさせていただきます。
3
 安全衛生管理状況の確認と費用のお見積り 
事業場の安全衛生管理計画、災害発生状況などをうかがい、費用のお見積もりをいたします。
4
 診断の実施 
1日の診断の例は次のとおりです。
9時30分〜10時30分 安全衛生管理計画、災害発生状況などついての情報交換
10時30分〜15時00分 診断
  • 診断事業場の担当者の方に同行いただき、生産設備・作業方法などについてご説明いただきます。また、指摘箇所のカメラ撮影、診断メモの記入をお願いする場合もあります。
15時30分〜16時30分 診断結果(概要)の講評・質疑
  • 撮影したカメラ映像などを使用して、診断結果の講評を行います。
5
報告書の提出
診断結果を報告書にして提出いたします。

費用

管理士の派遣
平成30年3月31日まで
区分 正規金額 割引金額(*)
半日 1日 7時間を
越える1時間ごと
半日 1日 7時間を
越える1時間ごと
会員 54,000円 108,000円 15,430円 32,400円  64,800円 9,260円
一般 75,600円 129,600円 18,510円  45,360円 77,760円 11,110円
(平成30年4月1日より)
区分基本料金割引料金(*)
半日1日7時間を
越える1時間ごと
半日1日7時間を
越える1時間ごと
会員86,400円135,000円19,290円4割引を予定
一般118,800円167,400円23,910円
上記の料金の他に派遣に要する交通費、宿泊費を加算します。
時間外・休日等は時間帯により30〜50%割増料金になります。
割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

お申込み

 

割引サービス対象2.安全衛生教育・講演(平成30年4月1日より料金が変更となります。)

割引サービスが利用できます。   ► 詳細はこちら

事業場のご依頼により、事業場が抱えている問題点を解決するための安全衛生教育や講演を、事業場にお伺いし実施いたします。

費用については、下表をご参照ください。

安全衛生教育等への講師派遣(*)(ゼロ災運動派遣指導を除く)

平成30年3月31日まで
内容 派遣員 時間 正規金額 割引金額(*)
安全衛生教育 管理士等 半日 会員 54,000円
一般 75,600円
会員 32,400円
一般 45,360円
1日 会員 108,000円
一般 129,600円
会員 64,800円
一般 77,760円
7時間を越える1時間ごと 会員 15,430円
一般 18,510円
会員 9,260円
一般 11,110円
講演 部長、医師等 1回90分まで 会員 75,600円
一般 86,400円
会員 45,360円
一般 51,840円
90分を超え60分ごとに 21,600円 12,960円
部長、医師等以外の職員 1回90分まで 会員 54,000円
一般 64,800円
会員 32,400円
一般 38,880円
90分を超え60分ごとに 16,200円 9,720円
教育カリキュラム企画   162,000円以内 97,200円以内
(平成30年4月1日より)
内容 派遣員 時間 基本料金 割引料金(*)
安全衛生教育 管理士等 半日 会員 86,400円 4割引を予定
一般 118,800円
1日 会員 135,000円
一般 167,400円
7時間を
越える1時間ごと
会員 19,290円
一般 23,910円
講演 職員 1回90分まで 会員 81,000円 4割引を予定
一般 97,200円
90分を超え
30分ごとに
会員 27,000円
一般 32,400円
教育カリキュラム企画     162,000円以内 97,200円以内
割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
割引サービスは、ヒューマンエラー対策等の安全衛生対策に関する教育が対象となります。
休日(土・日・祝祭日)の午前5時から午後10時まで、平日の早朝(午前5時から午前8時まで)及び夜間(午後6時から午後10時まで)の時間帯は30%を、平日及び休日の深夜(午後10時から午前5時まで)の時間帯は50%を料金に加算させていただきます。詳しくは担当部所にご相談下さい。

詳細はこちら

企画業務

内容 区分 正規金額 割引金額(*)
安全作業標準書等の作成支援等 賛助会員 129,600円 77,760円
一般 162,000円 97,200円
安全衛生指導に必要な資料の作成は、実費をいただきます。
安全作業標準書以外の資料作成支援等についてはご相談ください。
割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
割引サービスは、労働安全衛生法第78条別ウィンドウが開きますによる安全衛生改善計画の作成・指導は対象外となります。

ゼロ災運動研修のための派遣指導の料金

ゼロ災運動研修のための派遣指導の料金
派遣者 時間 正規金額 割引金額(*)
1名 半日 会員 113,400円
一般 128,520円
会員 68,040円
一般 77,110円
1日 会員 162,000円
一般 183,600円
会員 97,200円
一般 110,160円
2名以降1名の追加料金 半日 会員 90,720円
一般 108,860円
会員 54,430円
一般 65,320円
1日 会員 129,600円
一般 155,520円
会員 77,760円
一般 93,310円
割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

  1. 上記の料金には、消費税が含まれています。
  2. 上記の料金の他に派遣に要する交通費、宿泊費を加算します。
  3. 安全衛生教育、講演、ゼロ災研修については、別途テキスト代・資料代をいただくことがあります。
  4. 安全衛生教育のうち、リスクアセスメント/OSHMSの研修など一部の教育の料金は、本部と異なる場合があります。

お申込み

 

割引サービス対象3.作業環境測定サービス

割引サービス(法定以外のもの)が利用できます。   ► 詳細はこちら

労働衛生管理を行う上で作業場内の化学物質の空気中濃度や騒音レベルなどを把握しておくことは重要です。

そのために、有機溶剤、粉じん、金属類、特定化学物質などについては定期に作業環境測定士による作業環境測定の実施が義務付けられています。

作業環境測定サービスは、これらの定期的な作業環境測定はもちろん、特殊な化学物質についての作業環境測定のほか、測定結果に基づく局所排気装置の設置などの改善措置のご提案などについてもご相談に応じて実施いたします。

最寄の地区安全衛生サービスセンターまでどうぞお気軽にお問合せください。

作業環境測定サービスの流れ

1
写真  作業環境測定のお申込み 
申込書にご記入の上、最寄の地区安全衛生サービスセンターにお送り下さい。
2
 作業環境測定費用のお見積 
測定内容、事業場の状況をうかがい、費用のお見積りをいたします。
3
 作業環境測定日程の調整 
地区安全衛生サービスセンターから受付の確認、日程調整などのご連絡をさせていただきます。
4
 作業環境測定の実施(デザイン、サンプリング、分析) 
測定の実施をいたします。
5
 作業環境測定結果の報告 
測定結果を報告書にして提出いたします。

作業環境測定費用の例

  • 有機溶剤(6測定点についてガスクロマトグラフ法で測定した場合):53,676円〜
  • 粉じん(6測定点について相対濃度指示法で測定した場合):34,668円〜
注)
  1. 上記の料金には、消費税が含まれています。
  2. 上記の料金の他に測定に要する器材運搬費又は交通費を加算します。

お申込み

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター