お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

諸外国の安全衛生団体等との交流

 

APOSHOでの活動報告(第25〜28回年次会議)

第25回アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)年次会議

アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)の第25回年次会議が、2010年(平成22年)4月、モーリシャスで開催されました。中災防は、正会員で構成される委員会の一部と、すべての会員で構成される総会に出席するとともに、参加者間の啓発と情報交換を目的として開催されたセミナーに参加し、中災防が行った調査・研究について発表を行いました。

写真:APOSHO25の正会員、準会員及び賛助会員の集合写真
APOSHOの正会員、準会員及び賛助会員の集合写真

APOSHO25プログラム内容
APOSHO25プログラム内容
月日 内容
4月19日(月) 正会員による委員会及びソウル宣言に関する行事
4月20日(火)、21日(水) セミナー
4月21日(木) 午前中総会

[中災防がセミナーで発表した資料( PDF 『リスクアセスメント及び労働安全衛生マネジメントシステムの普及状況と促進方策に関する調査研究』 別ウィンドウが開きます (英文資料  113KB))]

第26回アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)年次会議

アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)の第26回年次会議が2011年(平成23年)11月、オーストラリア、パースで開催され理事長他が出席しました。中災防はメンバーになっている各種委員会に参加するとともに、総会に出席しました。またオーストラリア安全シンポジウムで「中災防のOSHMS認証制度は、現場の労使の活動に重点を置いており、認証事業場は更新時にさらに安全衛生レベルが向上している」旨の発表を行いました。

APOSHO26プログラム内容
APOSHO26プログラム内容
月日 内容
11月21日(月) 正会員による各種委員会
11月22日(火)、23日(水) オーストラリア安全シンポジウム
11月24日(木) リーダースフォーラム、APOSHO年次会議

第27回アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)年次会議

アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)の第27回年次会議が、2012年(平成24年)9月、フィリピン、セブで開催されました。中災防は、メンバーになっている各種委員会に参加するとともに、総会に出席しました。また、「日本企業のグローバル展開に係る中央労働災害防止協会の取り組み」と題する発表を行いました。

写真:APOSHO27の正会員、準会員及び賛助会員の集合写真
APOSHO 正会員、準会員及び賛助会員の集合写真

APOSHO27プログラム内容
APOSHO27プログラム内容
月日 内容
9月18日(火) 正会員による各種委員会
9月19日(水)、20日(木) セミナー
9月21日(金) 総会

 

第28回アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)年次会議

アジア太平洋機構(APOSHO)の第28回年次会議が、2013年(平成25年)10月、インドネシア、ジャカルタで開催されました。中災防はメンバーになっている専門委員会に参加するとともに、総会に出席しました。また、「JISHA方式OSHMS認定のアプローチ:好事例」と題する発表を行いました。

写真:APOSHOの総会
APOSHOの総会

APOSHO28プログラム内容
APOSHO28プログラム内容
月日 内容
10月8日(火) 特別総会、正会員による各種専門委員会
10月9日(水)、10日(木) セミナー
10月11日(金) 総会

 

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター