関東安全衛生サービスセンター

セミナー・研修会案内

割引サービス対象指差し呼称の定着研修会

この研修会は割引サービスが利用できます。   ► 詳細はこちら

この研修は、指差し呼称の定着に向けて、ヒューマンエラー事故防止にそのまま実践できる内容を体験学習するものです。

対象者

指差し呼称を実践しようとする事業場の方々

研修期間

半日

定員

24名

詳細、お申込み

参加費

参加費
区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 9,720円 5,830円
一般 10,800円 6,480円
受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

日程、開催地

日程、開催地
日程開催地備考
12017年5月16日(火)東京都港区芝浦3-17-12
吾妻ビル9階
22017年6月30日(金)横浜市中区寿町1-4
かながわ労働プラザ6階
32017年8月7日(月)東京都港区芝浦3-17-12
吾妻ビル9階
42017年10月23日(月)神奈川県横浜市中区寿町1-4
かながわ労働プラザ6階
52017年11月21日(火)東京都港区芝浦3-17-12
吾妻ビル9階
62018年1月15日(月)神奈川県横浜市中区寿町1-4
かながわ労働プラザ6階

標準カリキュラム(予定)

カリキュラムの内容は都合により変更される場合があります。

時間区分内容
13時00分ビデオテーマ:指差し呼称で防げ職場のヒューマンエラー
13時20分開会挨拶・オリエンテーション・チーム編成
1分間自己紹介(チーム単位)
13時40分講義Ⅰ「指差し呼称」の意義と実践方法
14時00分実技①指差し呼称・指差し唱和・タッチアンドコールのやり方
及び演練(個人およびチーム単位)
14時25分休憩
14時40分講義Ⅱ「指差し呼称」の定着に向けて
15時10分実技②「指差し呼称の設定方法」
具体的事例での指差し呼称箇所設定、
チーム3分割、指差し呼称項目の演錬
説明15分
実技40分
16時05分実技③「指差し呼称の具体的指導の仕方」
問いかけ指差し呼称シナリオの演錬
5'×2回 10'、コメント5'
説明15分
実技15分
16時35分自己決定「指差し呼称の定着を目指して」
「自己決定シート」作成10分、
チーム内発表10分
16時55分〜
17時00分
閉会アンケート記入・修了証配布・全体指差し唱和

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)関東安全衛生サービスセンター
TEL 03-5484-6701 FAX 03-5484-6704
E-mail: kanto@jisha.or.jp

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター