お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
労働衛生調査分析センター
TEL 03-3452-3145
FAX 03-3452-4807
E-mail: eiseise@jisha.or.jp

 

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

労働衛生調査分析センター

化学物質の有害性リスク評価

現在、日本で使用されている化学物質の数は約5万種といわれており、様々な用途に使用されています。化学物質の中にはその取扱い情報の不足から、中毒等の労働災害を招き、その原因も多様化していることから、その把握が困難となっています。このようなことから、事業者は化学物質のリスクアセスメントを実施し、自主的な安全衛生管理活動への取り組みを推進することが求められています。

有害性と取扱量等をランク付けして判断する簡易リスクアセスメントは、職場の環境改善の優先順位の決定等に有用であることから広く利用されています。しかし、実際のばく露状況や、残存リスクがどのくらいであるか、改善の効果等を確認するには、ばく露量を定量的に求め、ばく露限界値と比較する詳細リスクアセスメントの手法がより有効となります。当センターでは簡易リスクアセスメントのみならず、詳細リスクアセスメントのお手伝いもいたします。

経験と実績

当センターは、労働安全衛生法に係わる化学物質のモデルSDS作成事業に参画し、多くの化学品について危険・有害性の評価を実施してまいりました。また、ばく露評価の実施においては長年の経験を積んでまいりました。この経験と実績を活用して皆様のご期待に沿うサービスを提供してまいります。

費用

詳しくは担当部所までお問い合わせ下さい。

 

お申込み、お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)労働衛生調査分析センター 
TEL 03-3452-3145  FAX 03-3452-4807
E-mail:  eiseise@jisha.or.jp

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター