講座のご案内

 

 

危険体感教育指導者育成コース [ 危険体感(指) ]

労働災害を防止する観点からの危険体感教育は、近年その重要性・有用性が見直されています。
本コースは、三大災害のひとつである「はさまれ・巻き込まれ」を中心とした危険体感教育を行う指導者を育成するとともに、危険体感装置の作り方の基礎となる考え方や転倒災害の対策について研修します。
また、ビデオや座学では得られないこれらの労働災害を擬似的に体験する危険体感教育を「移動式安全教育体感車」にて実施します。

<本コースの特色>
自分のコミュニケーション力が把握でき、その能力の向上が行えること
実際の工場現場で、職場改善チェックリストを使った職場改善実習が行えること

<受講者の声>
実地から理論まで様々な話を聞けてよかった。
安全教育体感車で多くの種類を体験でき、参考になった。
人間の行動特性についての講義、興味深い内容でした。
理解を深めながら、体験教育の難しさを感じることが出来ました。
対象者
  1. 危険体感教育を実施する方
  2. 安全衛生担当者
研修期間 2日間
定員 20名
お申込み 申込方法(必ずご確認ください。)
PDF 【大阪開講分】受講申込書 別ウィンドウが開きます (PDF 517KB)
WORD 【大阪開講分】受講申込書 別ウィンドウが開きます (Word 112KB)
教科内容
  1. はさまれ・巻き込まれ災害の現状と対策
  2. 体感教育車実習(T)
  3. 体感教育の教え方
  4. 体感教育車実習(U)
  5. 体感教育と保護具
  6. 転倒災害の現状と対策
  7. 行動災害の工学的対策事例
  8. 安全配慮義務
教科日程 PDF 教科日程表 別ウィンドウが開きます(PDF 91KB)
※日程は都合により一部変更する場合があります。
受講料 47,520円(テキスト代、消費税を含む。)
修了証 修了者には修了証を交付します。
開講日程 日程(2017年度) 備考
92018年3月22日(木)〜3月23日(金)
日程(2018年度) 備考
102018年6月21日(木)〜6月22日(金)
112018年9月11日(火)〜9月12日(水)
122018年12月6日(木)〜12月7日(金)

 

講座一覧へ戻る

大阪安全衛生教育センター

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター