理事長八牧 暢行

中災防は、国と産業界との協働の下、半世紀以上にわたり、わが国の労働安全衛生の向上を牽引してきました。その最大のポリシーは「職場の安全衛生は人に寄り添い、人を育成することにある」ということです。
これを礎に、多くの専門家を擁して、企業・事業場に対し、労働安全衛生に関する知識・技術・ノウハウ・情報を提供し、人材育成やマネジメントシステムの構築を支援しています。東アジアを中心とする海外諸国との安全衛生に関する連携におけるナショナルセンター的な役割も担っています。
また、日本経済団体連合会(経団連)をはじめ、産業界のあらゆる業界団体・企業や業種別の災害防止団体、各都道府県労働基準協会等を会員とするなど、オールジャパンの視点で、企業経営における「安全第一」を訴え、その啓発と仕組みづくりに努めています。

中災防の仕事には、「人の命と健康を守る」という大義があります。それに加え、私どもは、労働安全衛生を通して経済・産業・企業の発展を支え、豊かな社会づくりに貢献していくとの誇りと使命感を持って、日々の業務に励んでいます。

グローバリズムや科学・技術の著しい進展、働き方・価値観の多様化などに伴い、「災害の防止、働く人の健康づくり」も大きな変革の時代を迎えていますが、安全衛生の確保が企業における最大・最優先の課題であることは不変です。中災防の活躍機会は今後ますます増していきます。

中災防の仕事は、とてもやりがいがあり、将来性に富んでいます。職場も元気はつらつ、活気に満ちあふれています。労働安全衛生を担い、明日の日本を背負って立つとの高い志を持つ若き精鋭と一緒に働くことを待ち望んでいます。