お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
教育推進部 業務課
TEL 03-3452-6389
FAX 03-3453-3449
E-mail: kyoiku@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

調査・研究

調査研究概要

ゴルフ場の事業における労働災害防止のためのガイドラインの概要

ガイドライン作成の目的

ゴルフ場の事業における労働災害防止のためのガイドラインは1999(平成11)年に当協会においてまとめたが、乗用カートによる災害が増えたこと、熱中症の予防について示されていないなどの課題があり、新たに追記する必要が生じたことから、日本ゴルフ場支配人会連合会の協力を得て全面的な見直しを行った。

実施内容

ガイドライン作成にあたって、委員会を設置し、近年のゴルフ場の災害数や事故に関する情報の収集を行った。
また、実際のゴルフ場での作業、管理状況等について実地調査を行い、現状や課題等について確認した。
さらに、ガイドラインの普及を図るために、ガイドラインの要点やKY用イラストシート、リスクアセスメントについての解説・演習問題を盛り込んだ普及啓発資料の作成を行った。

ゴルフ場の事業における労働災害防止上の主な課題

  • 屋外での作業が多く自然条件(雨とりわけゲリラ豪雨、雷などの天候、地形等)による影響を受けやすいこと。
  • 農薬使用に当たっての健康管理や自然環境管理への対応が必要なこと。
  • 熱中症への対応が必要なこと。
  • キャディが減り、移動用の乗用カートの増加による事故の多発していること。
  • 刈払機や重機等を使用するコース管理において単独作業が多いこと。

新たに盛り込んだ内容

ガイドラインでは、次のような内容を新たに盛り込んだ。

  • 安全衛生管理体制
    ゴルフ場の事業における労働安全衛生法に基づいた安全衛生管理体制について、選任の必要性や役割について解説した。
  • カート等の安全な利用
    乗用カートや手引き電動カートの導入の増加に伴い、災害も増加しているので、カートの安全な利用方法について新たに項目を設けた。
    また、ゴルフ場においてはプレーヤーの協力も不可欠であることから、プレーヤーに対しカートによる災害防止に関する要請を行うことを追加した。
  • 熱中症対策
    炎天下での作業もあるキャディやコース管理員への熱中症対策として、作業環境管理、作業管理、健康管理、教育、救急処置について解説した。
  • 落雷災害防止の留意点
    ゴルフ場では落雷による災害の危険性が高いので、「落雷防止マニュアル(例)」および「落雷災害防止のための対応(例)」を最新の情報に合わせて修正し、掲載した。
  • 法令で規定されている就業制限業務等
    特別教育を必要とする業務、就業制限に係る業務、作業主任者を選任すべき作業等について掲載した。

危険予知活動とリスクアセスメント

ゴルフ場での労働災害は、キャディやコース管理員の行動災害が約6割を占めることから、その対策に効果のある危険予知活動について詳述し、あわせてイラストシートを新しくするとともに、リスクアセスメントの実施方法を新たに掲載した。
ゴルフ場で実施できるよう、演習用紙も掲載している。

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター