Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

会員・賛助会員のご案内

賛助会員 Q&A (よくいただく質問にお答えします。)

 

(制度について)

Q1. 賛助会員とは何ですか。

A1.

事業場で働く人の安全衛生の確保、労働災害ゼロへの取り組みは欠かすことのできないものです。
中災防はそのような取り組みを続ける事業場を「人材育成」、「技術サポート」、「情報発信」の側面から支援することを社会的使命としています。
中災防の賛助会員はこのような中災防の活動を深く理解し、働く人一人ひとりを大切にし、
労働災害の防止に取り組む全国の事業場を応援するものです。
是非、我が国の安全衛生水準の向上に貢献して下さい。

賛助会員にご入会いただきますと、会員専用サイトを通じて安全衛生に関する最新の情報を入手できる各種コンテンツや、会員の皆様からの労働安全衛生相談に迅速に対応するための相談コーナー(フリーダイヤル等)、労働安全衛生に関し知見習得のためのセミナー・研修会の割引料金の適用等がご利用いただけます。労働安全衛生に本格的に取り組んでいる、また、これから取り組んでみようという事業場の方に是非おすすめします。

 

Q2. 賛助会員専用の安全衛生ホットラインとは何ですか。

A2.

中災防では専門知識を有する相談員が、安全衛生に関する専門的なご相談に応じております(平日9時30分〜16時30分。ただし、12時00分〜13時 00分を除きます。)。ご入会後に専用のフリーダイヤルの番号を通知しますので、事業場で労働安全衛生についてどのように進めていけばよいのか分からない場合、どちらに聞けば 良いのか分からないことでもご相談することが可能です。直接のご来会も可能です(東京都港区)。
労働安全衛生に関するご相談について何なりとご相談ください。

 

Q3. 毎月提供される情報とは何ですか。

A3.

労働安全衛生に関する最新情報を満載した下記3誌を提供します。

「安全と健康」(月1回発行)
安全衛生スタッフ、管理者のために最新の情報を提供します。

「安全衛生のひろば」(月1回発行)
作業者、監督者、中小企業の安全衛生担当者向けに分かりやすい情報を提供します。

「安全衛生かべしんぶん」(月2回発行。一部合併号あり。)
第一線で働く一人ひとりに役立つテーマを取り上げ、イラストを大胆に使いポイントをついた対策を分かりやすく解説します。

 

Q4. 届けられる各週間等のポスター、用品、図書とはどのようなものですか。

A4.

年に3回の労働安全衛生に係る以下の各週間等の展開に役立てていただくための図書・用品をご提供しています。
(下記はこれまでの提供例であり、品目は変更されることがあります。)

「全国安全週間(7月1日〜7日)」・・安全の指標、ポスター各種、安全週間のぼりなど

「全国労働衛生週間(10月1日〜7日)」・・労働衛生のしおり、ポスター各種、衛生週間のぼりなど

「年末年始無災害運動(12月15日〜1月15日)」・・年末年始の実践ガイド、ポスター各種、安全衛生カレンダーなど

 

Q5. 割引の対象となるセミナー・研修会、専門技術とは何ですか。

A5.

対象となるものの例として以下のものがあります。

セミナー・研修会
  1. 経営トップ層向け研修
    (安全衛生トップセミナー、ゼロ災害全員参加運動トップセミナー、総括安全衛生管理者セミナーなど)
  2. リスクアセスメント/OSHMS研修
    (リスクアセスメント実務研修、マネジメントシステムリーダー研修など)
  3. 健康づくり/メンタルヘルス研修
    (げんきde働くための健康づくり実践セミナー、事業場内メンタルヘルス推進担当者養成研修、心理相談専門研修、メンタルヘルス対策に活かす職場環境改善セミナーなど)
  4. ゼロ災運動研修
    (ゼロ災害全員参加運動プログラム研究会(プロ研)、危険予知活動トレーナー研修会(トレ研)など)
  5. 法令・通達に基づく研修
    (職長教育、安全管理者選任時研修など)
  6. その他の安全衛生管理研修
    (リフレッシュ安全衛生委員会セミナー、職場巡視・点検セミナーなど)
専門技術サービス
  1. 安全・衛生管理士による安全衛生診断・教育・講演
  2. メンタルヘルス・健康づくり講演
  3. ゼロ災運動、KYT関連の教育・講演  など
対象外のものの例
  • 図書・用品(頒布しているポスター、図書など)
  • 安全衛生教育センター(東京・大阪)開講講座
  • その他賛助会員料金を設定していないサービス

 

Q6. 「全国産業安全衛生大会」への優待とは何ですか。

A6.

全国産業安全衛生大会とは毎年1回、全国の主要都市で開催される、約10,000人もの労働安全衛生関係者が一堂に会する安全衛生のビッグイベントです。

賛助会員にお送りする優待申込書でのお申込みにより、加入1口につきお一人様参加費を、通常12,900円のところ6,400円にご優待させていただきます。

 

 

(入会の手続き、会費について)

Q7. 会費はどのように支払うのですか。

A7.

入会時に当該年度分(入会月〜3月)を納付いただきます。
その後は、毎年度3月下旬に次年度の会費を請求申し上げ、5月末日までの納付をお願いしています。

 

Q8. 年度途中での入会はどのように申し込むのですか。

A8.

年度始め(4月)からの入会と同様、入会申込書をお送りいただくだけです。
会費は、入会月〜3月までの月割会費として請求申し上げます。

(例)9月からのご入会の場合
  • 従業員数50人以上の事業場の場合(年会費1口50,000円)
    月額4,200円×7か月(9月〜3月)=29,400円
  • 従業員数50人未満の事業場の場合(年会費1口40,000円)
    月額3,400円×7か月(9月〜3月)=23,800円

 

Q9. 会費以外に費用はかかりませんか。

A9.

当協会が提供する事業の利用を新たにお申込いただかない限り、会費以外のご請求やご協力をお願いすることはありません。
会費は年度単位(4月〜3月)です。消費税につきましては、課税対象外ですのでお支払いいただく必要はありません。

 

Q10. 請求書は発行できますか。

A10.

入会申込書をお送りいただければ、入会月の10日頃に会員証など関係書類とともにお送りします。お支払はそれからの手続きでお願いしております。特にお急ぎの場合や、見積書が必要な場合はご連絡くださいますようお願いします。

 

Q11. 賛助会員の加入継続はどうすればよいですか。

A11.

退会届のご提出がない場合は、自動継続になっておりますので、手続きは必要ありません。
また、例年3月に、次年度の会費請求書を郵送いたしますので、会費の納付をお願い申し上げます。なお、賛助会員の加入を継続しない場合は、退会届の提出等 所定の手続きがございますので、当協会教育推進部(TEL03-3452-6049)まで必ずご連絡くださいますようお願いします。

 

(その他)

Q12. 賛助会員に加入している証明書は発行されるのですか。

A12.

入会時に会長名による会員証を交付します。退会の際にはご返却していただきます。

 

Q13. 定期刊行物を購読したいのですが。

A13.

可能です。
会員配布とは別に購読をご希望の場合は、別途申込書が必要になりますので、当協会出版事業部 業務管理課(TEL 03-3452-6702)までお問合せください。

 

Q14. 退会はいつでも可能ですか。

A14.

可能です。
退会届の提出等所定の手続きがございますので、当協会教育推進部(TEL 03-3452-6049)まで必ずご連絡をくださいますようお願いします。

なお、会費のご入金後の返金には応じておりませんので、あらかじめご了承ください。

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター