ホーム > 教育、セミナー・研修会 > 化学物質管理 > 【専門】化学物質リスクアセスメント専門研修(爆発・火災防止)2日間

教育、セミナー・研修会

化学物質の管理実務者養成のためのセミナー・研修会

【専門】化学物質リスクアセスメント専門研修(爆発・火災防止)2日間  割引サービス対象

専門家を招き、化学物質による爆発火災についての専門的知識、労働安全衛生法令における化学物質リスクアセスメント手法とリスク低減措置について、事例や演習を含めてより詳細に学びます。労働安全衛生法令に係わらず、化学物質の危険性に起因するリスク(爆発火災のリスク)について、より幅広い視点からのリスク洗い出しとその評価、低減対策の検討等を習得したい方にお勧めする研修です。

対象者

爆発・火災防止に係るリスクアセスメント等について、指導・教育をする者、リスクアセスメント等実務担当者、労働衛生コンサルタント等

研修期間

2日

定員

25名

お申込み

詳細についてのお問合せは、各申込先までお願いいたします。

参加費

区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 41,800円 25,080円
一般 46,440円 27,860円
  • *受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
  • *上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

日程、開催地

日程 開催地 申込先、相談・問合せ先 連絡先 備考
2018年9月6日(木)~7日(金)東京都港区労働衛生調査分析センターTEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807

カリキュラム

※カリキュラムの内容は都合により変更される場合があります。

1日目

時間 1日目:内容 担当
9時00分~9時20分 受付
9時20分~9時30分 開講挨拶及びオリエンテーション 労働衛生調査分析センター
9時30分~11時00分
【講義】
化学物質リスクアセスメント
(爆発・火災防止)概論
横浜国立大学
先端科学高等研究院
教授 三宅淳巳
11時00分~11時10分 休憩
11時10分~12時10分
【講義】
爆発・火災現象の基礎
横浜国立大学
先端科学高等研究院
教授 三宅淳巳
12時10分~13時10分 昼食休憩
13時10分~13時50分
【講義】
化学物質の危険性とGHS
労働衛生調査分析センター
13時50分~14時00分 休憩
14時00分~15時30分
【講義】
独立防御階層に基づく安全設計
労働安全衛生総合研究所
リスク管理研究センター
上席研究員 島田 行恭
15時30分~15時40分 休憩
15時40分~17時20分 【講義・演習】
化学プラントのリスクアセスメント等
労働安全衛生総合研究所
リスク管理研究センター
上席研究員 島田 行恭

2日目

時間 2日目:内容 担当
9時20分~11時10分
【講義】
静電気着火のリスク低減策
労働安全衛生総合研究所
電気安全研究グループ
統括研究員 大澤 敦
11時10分~11時20分 休憩
11時20分~12時40分
【講義】
JISHA方式化学物質リスクアセスメントマニュアル(爆発・火災防止)の解説
労働衛生調査分析センター
12時40分~13時40分 昼食休憩
13時40分~15時40分 【グループ演習】
JISHA方式化学物質リスクアセスメント(爆発・火災防止)
労働衛生調査分析センター
15時40分~16時20分 【演習結果発表・講評】 労働衛生調査分析センター
16時20分~16時30分 質疑応答 労働衛生調査分析センター
16時30分~16時40分 修了証授与及び閉講挨拶 労働衛生調査分析センター

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防) 労働衛生調査分析センター
TEL 03-3452-6377 FAX 03-3452-4807
E-mail: kagaku@jisha.or.jp