お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部 マネジメントシステム推進センター
TEL 03-3452-6376
FAX 03-5445-1774
E-mail: ms@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)、リスクアセスメント、機械安全

セミナー・研修会案内

割引サービス対象基本から学ぶ機械災害防止対策研修

この研修会は、割引サービスが利用できます。 詳細はこちら

主催:中央労働災害防止協会
協力:都道府県労働基準協会・連合会等

多くの事業場で各種の機械が使用されていますが、必ずしも安全な状態で使用されているとは限りません。

この研修は、機械の安全化に取り組みたい、と思っておられる皆様に、機械に施す各種の保護(安全)方策についての基礎的な知識や国際水準の安全技術の基本を講義と演習で身につけていただくためのものです。

労働安全衛生法は、安全管理者を選任しなければならない業種の事業場はその規模に関係なく、機械の新設、変更時等に「機械の包括的な安全基準に関する指針」に沿ってリスクアセスメントを実施し、その結果に基づいてリスク低減措置を講じることを努力義務として規定しています。

事業場における機械安全化の取り組みを推進する立場にある安全スタッフ、安全担当者、実際に使用している機械の改善に取り組まれる技術者などの皆様が、「機械の包括的な安全基準に関する指針」に沿った施策を進めていただけるようになることを目指した研修です。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

対象者

事業場の安全スタッフ、安全管理者・ライン管理者等、新任生産技術者、新任設計技術者、労働安全衛生コンサルタント等

研修期間、講師

1日
講師は中央労働災害防止協会が担当します。

定員

各会場  50名

お申込み

  • 申込方法をよくお読みのうえ、 下記の申込書に必要事項をご記入いただき、下記申込先までFAXにてお申込みください。

参加費

参加費
区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員、協力先団体の会員 18,510円 11,110円
一般 20,570円 12,340円
受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

日程、開催地

                   
日程、開催地
日程 開催地 申込先 連絡先 備考
2017年5月18日(木)東京都
港区
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
2017年7月14日(金)宮城県
仙台市
中災防
東北安全衛生サービスセンター
TEL 022-261-2821
FAX 022-261-2826
2017年7月28日(金)愛知県
名古屋市
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
2017年8月9日(水)東京都
港区
中災防
関東安全衛生サービスセンター
TEL 03-5484-6701
FAX 03-5484-6704
2017年9月8日(金)山梨県
甲府市
(一社)山梨県労働基準協会連合会TEL 055-251-6626
FAX 055-251-6615
2017年9月13日(水)東京都
港区
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
2017年9月27日(水)大阪府
大阪市
(公社)大阪労働基準連合会TEL 06-6942-7401
FAX 06-6942-7402
2018年2月26日(月)東京都
港区
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
2018年3月14日(水)広島県
広島市
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774

標準カリキュラム

標準カリキュラム
時間 内容
9時30分〜9時40分 開講挨拶/オリエンテーション
9時40分〜10時40分
【講義1】
機械安全に取り組む必要性と関係法令及び「機械包括安全指針」について
10時40分〜10時50分 休憩
10時50分〜11時40分
【講義2】
機械設備のリスクアセスメント総論
11時40分〜12時40分 昼食・休憩
12時40分〜13時20分
【講義3(前半)】
リスクアセスメント結果に基づくリスク低減措置総論
(保護方策の基本方針)
13時20分〜13時25分 休憩
13時25分〜15時10分
【机上演習】
(個人作業、グループ討議)
〜 保護方策の妥当性確認 〜
 参考ビデオ上映 「これからの安全技術のきめ手」
15時10分〜15時20分 休憩
15時20分〜15時50分
【講義3(後半)】
機械災害防止対策
《リスク低減措置》 総論
15時50分〜15時55分 休憩
15時55分〜16時25分
【講義4】
残留リスク対応での考慮事項
16時25分〜16時30分 全体質疑応答
16時30分〜16時40分 修了証授与、閉講

お問合せ先

中央労働災害防止協会(中災防) 技術支援部 技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
E-mail:  sidouka@jisha.or.jp

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター