お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部 マネジメントシステム推進センター
TEL 03-3452-6376
FAX 03-5445-1774
E-mail: ms@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)、リスクアセスメント、機械安全

セミナー・研修会案内

割引サービス対象 機械設備のリスクアセスメント総合研修 (厚生労働省の機械安全教育通達の対応研修)

この研修会は、割引サービスが利用できます。 詳細はこちら

いまだに後を断たない機械による災害を防ぐには、機械設備のリスクアセスメントとリスク低減を進めることが重要となります。本研修では、機械使用事業場が行う機械設備のリスクアセスメントおよびリスク低減のための保護方策について、その考え方や具体的な手法などを講義と机上演習とを組み合わせ行うことで理解していただけます。

さらに、リスクアセスメントを実施する前提として労働安全衛生法令に基づく措置が適切に実施されていることが必要ですので、機械災害防止にかかる関係法令の正しい理解と具体的方策について学んでいただく講義を取り込んでおります。さらに、安全方策を進める背景として認識しておかなければならない技術者倫理・企業倫理に関する解説も行います。また、モデル装置を用いた安全装置等の体験実習も行います。

なお、本研修を受講されると、厚生労働省の通達「 設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について 」(平成26年4月15日付 基安発0415第3号)の生産技術管理者に対する機械安全教育カリキュラムのすべてを修了したこととなります。

対象者

機械使用事業場の生産技術管理者、機械設備の発注・導入・運用・保全等に従事する生産技術者、安全担当者、労働安全衛生コンサルタント等

研修期間、講師

3日間
講師は中央労働災害防止協会が担当します。

定員

36名

お申込み

  • 申込方法をよくお読みのうえ、下記の申込書に必要事項をご記入いただき、下記申込先までFAXにてお申込みください。

参加費

参加費
区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 82,290円 49,370円
一般 90,510円 54,310円
受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

日程

日程
日程開催地申込先連絡先備考
2017年10月2日(月)
〜4日(水)
東京都
港区
中災防
技術支援部技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774

標準カリキュラム(予定)

1日目
1日目:時間内容
9時30分〜9時35分開講挨拶/ガイダンス
9時35分〜10時45分
【講義1】
技術者倫理
10時45分〜10時55分休憩
10時55分〜11時45分
【講義2】
関係法令
11時45分〜12時30分昼休み
12時30分〜14時30分
【講義2(続き)】
関係法令(途中10分休憩)
14時30分〜14時40分休憩
14時40分〜15時40分
【講義3】
機械の安全原則
15時40分〜15時50分休憩
15時50分〜16時50分
【講義4】
機械設備のリスクアセスメント手法(1)
-情報の入手〜危険源の同定-
16時50分〜17時00分質疑応答/連絡事項
2日目
2日目:時間内容
9時30分〜9時35分ガイダンス(本日の予定・連絡事項等)
9時35分〜10時45分
【講義5】
機械設備のリスクアセスメント手法(2)
-リスクの見積り〜リスクの評価-
10時45分〜10時55分休憩
10時55分〜11時15分
【講義6】
機械設備のリスクアセスメント手法(3)
-保護方策の立案・実施-
11時15分〜11時45分
【机上演習1】
危険源の同定の演習及び回答例の解説
11時45分〜12時30分昼休み
12時30分〜13時00分
【机上演習1(続き)】
危険源の同定の演習及び回答例の解説
13時00分〜13時10分休憩
13時10分〜14時10分
【講義7】
機械設備のリスクアセスメント手法(4)
-リスクの再評価、保護方策の実施、記録-
14時10分〜14時20分休憩
14時20分〜15時30分
【講義8】
リスク低減策
本質的安全設計方策
15時30分〜15時40分休憩
15時40分〜16時10分
【講義8(続き)】
リスク低減策
本質的安全設計方策
16時10分〜16時55分
【講義9】
リスク低減策
安全防護
16時55分〜17時00分質疑応答/連絡事項
3日目
3日目:時間内容
9時30分〜9時35分ガイダンス
9時35分〜10時45分
【講義9(続き)】
リスク低減策
安全防護
10時45分〜10時55分休憩
10時55分〜11時45分
【講義10】
リスク低減策
付加保護方策
使用上の情報の提供/利用
【まとめ】
適切なリスクアセスメントの実施
11時45分〜12時30分昼休み
12時30分〜13時30分
【机上演習2】
リスクの再評価(保護方策の安全確保性能の確認)
の演習及び回答例の解説
13時30分〜13時40分休憩
13時40分〜13時50分
【実習準備】
モデル装置実習の説明
 
【実習】
各種保護装置を搭載した
モデル装置による安全保護等の理解
13時50分〜14時30分1巡目
14時30分〜15時10分2巡目
15時10分〜15時50分3巡目
15時50分〜16時00分全体質疑応答
16時00分〜16時10分修了証授与/開講挨拶

お問合せ・申込み先

中央労働災害防止協会(中災防) 技術支援部 技術指導課
TEL 03-3452-6375
FAX 03-5445-1774
E-mail: sidouka@jisha.or.jp

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター