ホーム > 東北安全衛生サービスセンター > 衛生工学衛生管理者講習(法令・通達に基づく研修)

東北安全衛生サービスセンター

法令・通達に基づく研修

衛生工学衛生管理者講習

有害なガス蒸気、粉じん等の有害因子を発散する作業場には、作業環境を改善するために、それらの有害因子の発散の抑制等についての衛生工学的対策が必要です。また、このような有害業務を有する一定の事業場では、労働安全衛生規則第7条第1項第6号の規定により、衛生管理者のうち1人を、衛生工学衛生管理者免許を受けたものの中から選任することが義務付けられています。本コースは、衛生工学衛生管理者免許を取得するための要件である厚生労働大臣の定める講習です。また、受講者は全ての事業場において衛生管理者として選任可能となります。

対象者・受講料

受講資格要件 講習科目 受講料
  • 1. 学校教育法による大学又は高等専門学校において、工学又は理学に関する課程を修めて卒業した者
  • 2. 大学改革支援・学位授与機構により学士(工学又は理学)の学位を授与された者(当該課程を修めた者に限る。)
労働安全衛生法(6時間)
労働衛生工学に関する知識(14時間)
職業性疾病の管理に関する知識(6時間)
労働生理に関する知識(2時間)
労働基準法(2時間)
116,640円
労働衛生工学に関する知識(14時間)
職業性疾病の管理に関する知識(6時間)
87,480円
  • 5. 労働衛生コンサルタント試験(保健衛生)に合格した者
労働衛生工学に関する知識(14時間)
労働基準法(2時間)
70,200円
  • 6. 労働衛生コンサルタント試験(労働衛生工学)に合格した者
  • 7. 作業環境測定士となる資格を有する者(試験に合格し、かつ、指定の講習を修了した者)
職業性疾病の管理に関する知識(6時間)
労働生理に関する知識(2時間)
労働基準法(2時間)
47,520円

研修期間

5日間~0.5日間(受講資格により異なる)

定員

25名

詳細、お申込み

備考

修了試験があります。
受講料には、テキスト代、消費税 8%を含みます。
受講料には、昼食代、宿泊代は含まれておりません。
受講資格要件が複数該当する方は、受講科目が免除になり、受講料も変わりますのでお問合せください。

日程、開催地

日程 開催地 備考
3日コース(第1種衛生管理者免許試験合格者対象)
12018年6月20日(水)~22日(金)宮城県仙台市 東北安全衛生サービスセンター
5日コース(上記資格要件:1~7の全ての方が対象)
22018年12月10日(月)~14日(金)宮城県仙台市 東北安全衛生サービスセンター

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)東北安全衛生サービスセンター
TEL 022-261-2821 FAX 022-261-2826
E-mail: tohoku@jisha.or.jp