東北安全衛生サービスセンター

セミナー・研修会案内

除染等業務特別教育

平成24年7月1日に、改正「東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線障害防止規則」(除染電離則)が施行され、除染特別地域及び汚染状況重点調査地域で、これまでの除染等業務に加え、特定汚染土壌等取扱業務を行う事業者も、労働者へ特別教育を実施することとされました。

この講習会は、除染電離則と併せて改正された「除染等業務特別教育規程」に定められたカリキュラムにしたがって、①土壌等の除染の業務、②除去土壌の収集、運搬又は保管に係る業務、③汚染廃棄物の収集、運搬又は保管に係る業務、④特定汚染土壌等取扱業務を行う方を対象として行う特別教育です。

なお、特定汚染土壌等取扱業務は平均空間線料率2.5μ ㏜/h超、2.5μ ㏜/h以下いずれの場所で行う場合にも対応した内容です。

また、実技は土壌等が放射性物質に汚染されていることによって必要となる①放射線測定器の取扱い、②外部放射線による線量当量率の監視、③汚染防止措置、④身体等の汚染の状態の検査及び汚染の除去、⑤保護具の取扱いに限って行うものとします。洗浄用具、高所作業用具、被覆を行う用具、土工等で使用する機械等による作業と取扱いの実技は、各事業場においてそれぞれ別途行ってください。

対象者

(1)
土壌等の除染の業務を行う方
(2)
除去土壌の収集、運搬又は保管に係る業務を行う方
(3)
汚染廃棄物の収集、運搬又は保管に係る業務を行う方
(4)
特定汚染土壌等取扱業務を行う方

研修期間

1日間

定員

64名

詳細、お申込み

参加費

参加費
区分 金額
賛助会員 10,290円
一般 12,340円

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

テキストについて

厚生労働省が作成した除染等業務特別教育テキストの原稿をもとに、中災防が作成したテキスト「除染等業務従事者特別教育テキスト」(本体1,400円+税)を配布し使用します。

日程、開催地

日程、開催地
日程開催地備考
12017年6月8日(木)宮城県仙台市
東北安全衛生サービスセンター
22017年9月21日(木)宮城県仙台市
東北安全衛生サービスセンター

カリキュラム

  時間 内容
開会 9時00分〜9時10分 オリエンテーション
講義1 9時10分〜10時10分 電離放射線の生体に与える影響及び被ばく線量の管理の方法に関する知識
講義2 10時20分〜11時00分 土壌等の除染・収集・運搬等業務、特定汚染土壌取扱業務に係る作業の方法及び順序、異常事態発生の際における応急措置
講義+実技A 11時00分〜12時30分 放射線測定、外部放射線による線量当量率の監視、汚染防止措置、汚染状態の検査・汚染の除去
講義+実技B 13時30分〜14時30分 保護具の性能及び使用方法、取扱い
講義3 14時40分〜16時20分 除染等作業に使用する機械等の構造及び取扱いの方法
講義4 16時30分〜17時30分 関係法令
閉会 17時30分〜17時40分 修了証交付

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)東北安全衛生サービスセンター
TEL 022-261-2821 FAX 022-261-2826
E-mail: tohoku@jisha.or.jp

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター