Webでチェック

派遣労働者の安全衛生の確保に係る重点事項チェックリスト

派遣労働者の労働災害は、派遣労働者の数が増加する中で近年増加しているため、 厚生労働省通達「派遣労働者に係る労働条件及び安全衛生の確保について」 (平成21年3月31日付け基発第0331010号)(厚生労働省ホームページが開きます。) により、派遣労働者の安全衛生確保の徹底が示されています。

このチェックリストは、派遣元および派遣先別に、同通達に基づく実施事項等を掲げたものです。

チェックリストを活用することにより、安全衛生管理体制、安全衛生教育、安全な作業、 健康管理等での基本的な事項に漏れや問題がないか点検することができます。

ぜひチェックリストを活用いただき、派遣労働者の安全衛生の確保を推進してください。

 

チェックリスト 別ウィンドウが開きます

 

自己点検のしかたと活用は次のとおりとなります。

  1. 誰が点検するか
    この点検は、事業主またはそれに代わる立場の方が行ってください。
  2. いつ点検するか
    この点検は、毎年定期的に行ってください。とくに全国安全週間(7月1日〜7日)・ 全国労働衛生週間(10月1日〜7日)・年末年始無災害運動期間(12月15日〜1月15日)は、点検に最も適当な時期です。
  3. どのように点検するか 
    すべての職場について、点検表の該当する項目をひとつひとつチェックしてください。チェックに際しては、点検者が自らが現状を把握するか、または職場責任者をとおして確認してください。
  4. 改善に結びつけよう
    「はい」にチェックした項目については、さらに充実に努めるとともに、「いいえ」にチェックした項目については、早急に改善してください。

 

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター