ホーム > 中部安全衛生サービスセンター > 機械災害に学ぶ法令研修(リスクアセスメント、OSHMSコース)

中部安全衛生サービスセンター / 北陸支所

リスクアセスメント、OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)コース

機械災害に学ぶ法令研修 割引サービス対象

機械設備による災害のうちかなりの割合で、稼働中の機械設備の危険な部位に手を出してしまった、あるいは、機械設備を動かしながら掃除をしているうちに手を引き込まれたなど、「労働安全衛生規則」に定められた措置を適切に実施していないために発生した事例が見られます。
こうした実情を反面から見ると、労働安全衛生法令の求める内容を正しく理解し、最も適切な方策を施すことで機械災害を防いでいくことができるという見方ができます。

本研修は、機械設備に関わる労働災害を切り口に、労働安全衛生法令に定められた機械災害防止のための各種規定を、具体的な対策を例示しながら解説します。
さらに、機械災害防止のため機械メーカーに対して、「労働安全衛生規則」で義務づけられている、機械危険情報の作成と機械ユーザーへの通知についても、詳細に解説します。

なお、本研修を受講することにより、平成26年4月15日付で厚生労働省から発出された行政通達「設計技術者、生産技術管理者に対する機械安全に係る教育について」に示された設計技術者向けカリキュラムのうち「科目1 技術者倫理」、「科目2 関係法令」及び「科目5 機械に関する危険性等の通知」並びに生産技術者向けカリキュラムのうち「科目1 技術者倫理」及び「科目2 関係法令」を修得したこととなります。

対象者

機械製造事業場の設計技術者、機械使用事業場の生産技術管理者、安全スタッフ、機械設備の調達担当者、経営者

研修期間

1日間

定員

50名

詳細、お申込み

参加費

消費税 8% を含む

区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 23,328円 13,997円
一般 25,920円 15,552円

消費税 10% を含む

区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 23,760円 14,256円
一般 26,400円 15,840円
  • *受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
  • *上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)

備考

参加費には、テキスト代、消費税が含まれています。

日程、開催地

日程 開催地 備考
12019年7月19日(金)富山県富山市 ボルファートとやま
22020年2月28日(金)愛知県名古屋市 中部安全衛生サービスセンター

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)中部安全衛生サービスセンター
TEL 052-682-1731 FAX 052-682-6209
E-mail: chubu@jisha.or.jp