お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
健康快適推進部
TEL 03-3452-2517
FAX 03-3453-0730
E-mail:kenko@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

健康づくり・メンタルヘルスケア

割引サービス講師派遣のご案内 健康づくり研修・セミナー等

中災防では、事業場で行う健康教育のお手伝いをしています。研修や健康教室、安全衛生大会などのイベントへの講師派遣、また、研修カリキュラムの企画・提案から実施までトータルにサポートします。

 一般従業員向け ※時間はいずれの研修も60〜90分が目安です。

一般従業員向け ※時間はいずれの研修も60〜90分が目安です
研修名内容詳細
(1)メタボリックシンドロームの予防と改善メタボリックシンドロームの予防や改善に必要な食事、運動、休養のとり方を習得し、生活習慣に取り入れるための工夫や実践方法を学びます。PDF
(2)ウォーキングで健康づくり正しいウォーキング(歩く姿勢と適度な運動強度)を習得し、日常生活の中で活動量を確保するための「歩数」を増やす工夫について考えます。PDF
(3)手軽にできる筋力アップ法腰痛や転倒によるケガの予防、肥満防止に必要な筋力を維持するため、職場や家庭でできる簡単な筋力トレーニングの方法を体験します。PDF
(4)ストレス対処に役立つリラクセーションストレッチングや筋弛緩法、呼吸法、自律訓練法など、セルフケアに必須の各種リラクセーション技法を習得します。PDF
(5)パソコン作業者のための健康管理VDT作業における疲労を軽減するため、作業管理や具体的な疲労回復方法を学びます。PDF
(6)転倒予防に役立つからだの使い方と作り方筋力低下などによる転倒災害を防ぐために、からだの使い方や簡単にできる筋力維持のためのからだの作り方を学びます。PDF
(7)腰痛予防のための運動腰痛予防のために必要な知識と各種の具体的な運動方法を学びます。PDF
(8)自分の健康づくりプログラムをつくる自分の日常生活を振り返りながら、健康的な生活習慣に改善するためのプログラムを考え、実行・継続につなげます。PDF
(9)心とからだのコンディショニング心身ともに良いコンディションで仕事に取り組めるように、職場・日常生活の中で調子を整えるための具体的な方法を紹介します。PDF
(10)職場体操で職場を活性化毎日、継続的に実施している職場体操(ラジオ体操、八段錦など)をもう一度見直しませんか。毎日の積み重ねが職場を元気にし、腰痛・転倒を防ぐことにつながります。PDF

 

 産業保健スタッフ向け

産業保健スタッフ向け
研修名 時間(分) 講義 実技実習 内容
(1) 健康教室のすすめ方 90〜180 従業員を対象にした集団教育の手法を学びます。
(2) 運動プログラムの指導法実習 90〜180 従業員に対する運動プログラム(ウォーキング、筋力トレーニング、リラクセーション)の指導法を学びます。
掲載しているプログラムは一例です。実施内容や時間はその都度ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。 また、複数のプログラムを組み合わせて、以下のように半日や1日のセミナーを実施することも可能です。

【半日(180分)セミナーの例】

【半日(180分)セミナーの例】
「健康づくりのすすめ」
(講義45分)
「簡単エクササイズとリラクセーション」
(実技75分)
「自分にあった健康づくり実践計画の作成」
(講義60分)

 

 お申込み

申込方法や料金については 講師派遣 申込み手順をご覧ください。
常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ労災保険の適用事業場は、 割引サービスが利用できます。
詳細はこちら

 

 お問合せ先

中央労働災害防止協会(中災防) 健康快適推進部 研修支援センター
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館6階
TEL 03-3452-3137 FAX 03-3453-0730

 

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター