ホーム > 大阪労働衛生総合センター > セミナー・研修会一覧 > 高年齢労働者の安全と健康確保のためのセミナー 安全衛生教育専門コース 基礎編

大阪労働衛生総合センター

健康づくり・からだの安全

高年齢労働者の安全と健康確保のためのセミナー
安全衛生教育専門コース 基礎編 割引サービス対象

令和2年3月に策定された「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン(エイジフレンドリーガイドライン)」においては、事業者には、高齢者でも安全に働き続けることができるよう、高年齢労働者を対象とした体力チェックによる体力の状況把握や安全衛生教育等の労働災害防止対策が求められています。
高年齢労働者に対する具体的な安全衛生教育の内容(災害発生状況、身体機能の変化、体力チェックや体力の維持向上等)、および管理監督者の留意点などを学びます。また、グループワークで安全衛生教育実施上の課題について情報交換を行います。

【動画】転倒・腰痛予防!「いきいき健康体操」 【解説】PDFPDF外部リンク(PDF 2,271KB)
(令和元年度厚生労働科学研究費補助金 労働安全衛生総合研究事業「エビデンスに基づいた転倒予防体操の開発およびその検証」の一環として製作されたものです。)

【厚労省HP】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/newpage_00007.html外部リンク

対象者

安全管理者、衛生管理者、人事労務担当者、産業保健スタッフ、
労働安全衛生コンサルタント、RSTトレーナー、THP指導者等安全衛生教育担当者

研修期間

1日間

定員

36名

お申込み

申込書をプリントし、必要事項をご記入の上、FAXまたは郵便でお送りください。なお、電話での申込みは受付けていません。

参加費

消費税 10% を含む

区分 正規金額 割引金額(*)
THP登録者 21,780円 割引対象外
賛助会員 21,780円 13,068円
一般 24,200円 14,520円
  • THP登録者は、割引金額の対象ではありません。
  • *受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
  • *上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)

備考

  • ※THP指導者登録更新単位 3単位
  • ※健康運動指導士、健康運動実践指導者登録更新認定講習会 講義2.6単位 実習3.1単位
  • 参加費には、テキスト代、消費税が含まれています。

日程、開催地

日程 開催地 備考
22021年8月24日(火)大阪府大阪市 大阪労働衛生総合センター

標準カリキュラム(カリキュラムは都合により一部変更する場合があります。)

時間 内容 講師
9時00分~受付 
9時30分~9時40分開講式・オリエンテーション 
9時40分~11時00分
(80分)
【講義・実習】
高年齢労働者に対する安全衛生教育の実際①
加齢に伴う身体機能や健康状態の変化と、労働災害のリスクに関する理解
健康快適推進室
11時00分~11時10分休憩 
11時10分~12時00分
(50分)
【実習】
高年齢労働者に対する安全衛生教育の実際②
身体機能や健康状態の把握のための体力チェック
健康快適推進室
12時00分~13時00分昼休憩 
13時00分~14時10分
(70分)
【講義・実習】
高年齢労働者に対する安全衛生教育の実際③
基本的な体力の維持と生活習慣について
健康快適推進室
14時10分~14時20分休憩 
14時20分~15時10分
(50分)
【講義】
管理監督者に対する安全衛生教育の実際
健康快適推進室
15時10分~15時20分休憩 
15時20分~16時30分
(70分)
【グループワーク】
自社での高年齢労働者に対する安全衛生教育実施上の課題
健康快適推進室
16時30分~16時50分研修効果確認 
16時50分~閉講式 

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)大阪労働衛生総合センター 健康快適推進室
TEL 06-6448-3840 FAX 06-6459-4195
E-mail: osaka@jisha.or.jp