安全衛生図書・用品 出版事業部の販売サイト

もっと詳しく探す

図書・用品トップ定期刊行物安全衛生のひろば

定期刊行物 [安全衛生のひろば]

●出版 中央労働災害防止協会  ●発行日 毎月1日発行  
●A4判変型 /64頁  ●年間予約購読料 8,520円(税込・発送料サービス)

※2023年10月号から適格請求書保存方式(インボイス制度)への対応により、定価・年間予約購読料ともに下記のとおり変更させていただきます。

※10月以降にバックナンバーをご購入される場合も新料金が適用となります。

・一部定価(2023年10月号より)
  定価710円(本体価格645円)
・年間予約購読料(2023年10月号開始分より)
  年間予約購読料8,520円(税込・発送料サービス)

年間予約購読申込み

↓2つ以上の商品を選ぶ場合にはチェックを入れてください。

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年10月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年10月
新商品

定価710円(税込)
No.13110
●特集 合っていますか? 明るさの知識
職場の中が何だか暗い、または明るすぎる、一部だけが照度が違って見えにくい、目が疲れるなど、「明るさ」に違和感を感じたことはありませんか? 照度や輝度、光源や色などの特徴を知って、自分の職場の明るさが適切か、確認してみましょう。事務所衛生基準規則改正に伴う新基準も交えて識者が解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年9月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年9月

定価710円(税込)
No.13109
●特集 デジタルで進める安全衛生活動
今や私たちの生活には、デジタル機器や通信が欠かせません。職場でも安全衛生活動の教育・労働災害防止対策・点検・健康管理などでVR 技術やドローン、デジタルアプリなどが活用され始めています。そこで、安全衛生×デジタルについて、事例を交えながら解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年8月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年8月

定価710円(税込)
No.13108
●特集 職場でできる応急手当
急に体調が悪くなった、軽いけがをしたといったとき、みなさんの職場では応急手当用の道具や薬品がリストアップされ、常備されていますか? 簡単な初期対応を中心に、連絡網の整備、処置道具の代用品など関連する知識を、イラストとともに分かりやすく解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年7月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年7月

定価710円(税込)
No.13107
●特集 ヘルメット+保護めがね 〜保護具を知ろう
大事な頭部・目を守る保護具であるヘルメットと保護メガネについて、正しい装着の仕方、耐用年数、点検などの基本的項目を中心に解説します。知っているつもりで誤りやすい知識、暑熱時季の保護具装着時に注意したいことにも触れます。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年6月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年6月

定価710円(税込)
No.13106
●特集 安全行動に導くコミュニケーションスキル
正しい知識があっても人は不安全な行動をとることがあり、それが災害につながることがあります。行動を正しい方向に促し、安全な作業へと導くためにはどうしたらいいのか、身近な例を盛り込み解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年5月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年5月

定価710円(税込)
No.13105
●特集 再確認! クレーン使用の安全
クレーンおよび移動式クレーンの使用では、重篤な労働災害が多く発生しており、近年ではクレーンの転倒等による事故も目立っています。そこで、「はさまれ」「荷の落下」「激突され」などの事故が起きやすい事例を交えながら、その対策について解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年4月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年4月

定価710円(税込)
No.13104
●特集 毎月 この一言で「ご安全に」
新年度のはじめ、毎月の標語は職場の皆の安全意識を啓発するのに役立ちます。そこで、知識・体・心の3つの安全について筆者の解説と共に、職場で活用できる、心に届く言葉と味のあるイラストによる「日(月)めくり風」標語を掲載します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年3月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年3月

定価710円(税込)
No.13103
●特集 ここがツボ 新入者への教育
経験年数の少ない新入者は、作業に慣れておらず危険感受性もまだ低いため、熟練労働者よりも労働災害発生率が高い状況にあります。従って、雇入れ時や作業内容変更時等での安全衛生教育の実施が重要となります。そこで、新入者に対し、安全衛生教育を実施する際に配慮すべきポイントを専門家が解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年2月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年2月

定価710円(税込)
No.13102
●特集 知らぬうちに進行? 耳の聞こえに注意!
事業場内ではさまざまな騒音対策が取られていますが、健康診断での難聴に関わる有所見率は高いのが実情です。2022年に騒音障害防止のガイドライン見直し検討会の報告書が出され、騒音障害防止ガイドラインが約30年ぶりに改正される予定です。そこで耳の聞こえに焦点を当て、耳の構造や聞こえづらくなる原因のほか、騒音対策や保護具を紹介し、安全に働ける工夫を解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年1月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2023年1月

定価710円(税込)
No.13101
●特集 治療と仕事の両立支援の今
働く人の仕事と生活の両立支援は制度的に整えられ、対象とされる疾病の範囲も広がっています。そこで、病気を抱えながら働く人にはどのような支援があるのか、事例等を交えて解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2022年12月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2022年12月

定価710円(税込)
No.13212
●特集 身近な災害 はさまれ・巻き込まれを防ぐ!
「はさまれ・巻き込まれ」災害は、いったん起きると、結果も重篤なものになりがちです。特に年末の慌ただしい作業の中では、つい思わず、正しい手順を踏まずに、など、事故につながる理由に特徴があります。そこで、はさまれ・巻き込まれ災害は何が原因で起きるのか、どういう対策が取れるのか、典型的な事故事例を紹介しながら解説します。

ショッピングカート
月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2022年11月

月刊誌「安全衛生のひろば HIROBA」2022年11月

定価710円(税込)
No.13211
●特集 火災にご注意
本格的な寒さの到来で、火気使用機会の増加に備えて火の用心を心掛けたいもの。火種は小さくても周囲の環境によっては大きな火災となりかねない上、煙を吸い込むことで重篤な災害にもつながります。そこで、事例を交えて主な火災の原因を知るとともに、火災を起こさないための方策を解説します。

ショッピングカート

↑ すべてをチェック - すべてのチェックを解除 | チェックした商品を

ページの先頭へ