次号(7月号)の特集
「まさか! 身近にある危険」
キャンプで使ったスプレー缶のガスに引火、炭酸飲料缶が熱で破裂、スマホバッテリーやボタン電池の発火など、身近にある日用品の取り扱いを間違えて事故や災害になることがあります。そこで、どんなものが、どんな状況で危険源となるのかなど、その原因と対策を解説します。