次号(1月号)の特集
これからの休み方・休ませ方 〜よく休み、よく働く〜
働くことに伴う疲労や、その疲労回復のための「休み方」は、働き方を考える上で着目すべき要素である。日本における労働時間(休憩時間・有給休暇等も含む)の現状や、働く人の「疲労」、また、疲労回復のための「休み方」について、近年、効果的な休み方の1つとして研究が進められている「アクティブレスト(積極的休養)」等、最新の研究結果を踏まえて、識者の解説と取組み事例を紹介する。