次号(4月号)の特集
作業服から考える熱中症予防対策
2021年4月、JIS Z 8504が約20年ぶりに改正され、衣服による補正値を考慮した「有効WBGT」が新たに導入された。これを受けて、厚生労働省は新たに「職場における熱中症予防基本対策要綱」を策定した。次号の特集では、有効WBGTの考え方・活用方法について分かりやすく解説するとともに、作業服という視点から職場の熱中症対策にどのように取り組むべきかを解説する。