ホーム > 教育、セミナー・研修会 > 安全衛生管理等 > 産業医のための熱中症予防対策セミナー(理論と実践)

教育、セミナー・研修会

産業医研修(教育ゼロ災推進部主催)

産業医のための熱中症予防対策セミナー(理論と実践)

日本医師会認定産業医制度 指定研修会

産業医が職場における熱中症予防対策について的確な助言・指導ができるようにすることを目的として、熱中症の発生機序や熱中症予防に関する法令や行政通知、職場巡視の方法論等の講義と、各種熱中症対策用品(WBGT計、保冷剤、送風機、ウェアラブルウオッチ、塩分補給水等)の適切な選択及び使用方法について実物を使用した実習を組み合わせて学ぶ、産業医活動に役立つ実践的なセミナーです。

※5年毎の認定産業医資格更新のために必要な、生涯研修研修2単位・実地1単位が取得可能な講習会です。

対象者

日本医師会認定産業医

研修期間

第1回 13:00~17:00
第2回 10:00~14:20

定員

50名

詳細、お申込み

オンライン申し込みの場合は、お申し込みフォーム最後の備考欄へ ①日本医師会認定証番号および ②所属医師会名(所属の方のみ)を必ずご記入ください。

申込書をプリントし、必要事項をご記入の上、FAXまたは郵便でお送りください。なお、電話での申込みは受付けていません。

研修内容

①職場における熱中症の発生機序

熱中症の病態、発汗などの体温調整の仕組み、熱中症の発生機序等について解説するとともに、熱中症の労災発生状況等から観察される職場におけるリスクを紹介します。

講師 産業医科大学副学長(産業医学・産業保健担当) 堀江 正知

②職場における熱中症防止対策

熱中症防止対策に関する労働衛生法令・行政通知、専門機関による勧告等を解説するとともに、職場巡視においてチェックし、指導すべき事項等の実際について紹介します。

講師 産業医科大学副学長(産業医学・産業保健担当) 堀江 正知

③熱中症対策用品・保護具の適切な選択と使い方

各種熱中症対策用品(WBGT計、保冷剤、送風機、ウェアラブルウオッチ、塩分補給水等)の効能や使用方法について解説するとともに、実物を用いて使用方法等を習得します。

講師 (公社)日本保安用品協会労働安全コンサルタント 林 誠

参加費

消費税 10% を含む

区分 金額
賛助会員 20,790円
一般 23,100円

備考

参加費には、テキスト代、消費税が含まれます。

研修単位(申請中)

認定産業医は生涯研修

  • (研修)2単位
  • (実地)1単位

日程、開催地

日程 開催地 申込先 備考
12022年3月26日(土)東京都港区芝5-31-19
ビジョンセンター田町会議室
教育ゼロ災推進部
22022年3月27日(日)神奈川県横浜市中区相生町3-63 八百政ビル
神奈川労務安全衛生協会
教育ゼロ災推進部

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防) 教育ゼロ災推進部 業務課
TEL 03-3452-6257 FAX 03-3453-3449
E-mail: kyoiku@jisha.or.jp