厚生労働省委託事業
「①多店舗展開企業(小売業、飲食業)でのリスクアセスメントのマニュアル(案)」及び
「②職場の危険の見える化(小売業、飲食業及び社会福祉施設)の実践マニュアル(案)」
検証会(説明会)のご案内(無料)について

近年、小売業、飲食業、社会福祉施設をはじめとする第三次産業での労働災害が増加しており、国の定めた「第13次労働災害防止計画」においても第三次産業での労働災害の防止が最重点課題になっています。
こうした背景の下、中央労働災害防止協会は、今年度、厚生労働省から委託を受け、「①多店舗展開企業(小売業、飲食業)でのリスクアセスメントのマニュアル」と「②職場の危険の見える化(小売業、飲食業及び社会福祉施設)の実践マニュアル」を作成することとなりました。
つきましては、同マニュアル(案)の検証会(説明会)を以下のとおり開催しますので、ご案内します。
なお、厚生労働省は、今後、同マニュアルをツールとして「多店舗展開企業でのリスクアセスメント」及び「職場の危険の見える化」を普及する予定です。

対象者

  • 多店舗展開企業(小売業、飲食業)の本社及び店舗の安全衛生担当者
  • 社会福祉施設の施設長及び安全衛生担当者
  • 上記、業界団体の担当者

詳細、お申込み

※申込締切:平成31年2月13日(水)17時00分

参加費

無料

日時

平成31年2月20日(水) 13時30分~15時00分

会場

〒108-0014 東京都港区芝5-35-2
安全衛生総合会館 14階第3会議室(JR田町駅徒歩5分)

マニュアル(案)の特徴

マニュアル(案)では、①多店舗展開企業(小売業、飲食業)の本社の役割の重要性と「本社が行う簡易的なリスクアセスメント」の実施、また、②小売業、飲食業、社会福祉施設での「危険の見える化」の実践的な手法を提案しています。

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)技術支援部 安全衛生管理支援センター
Tel:03-3452-6502 e-mail:ms@jisha.or.jp