お問合せ

セミナー・研修会について
中央労働災害防止協会(中災防)
労働衛生調査分析センター
TEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807
E-mail: kagaku@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

化学物質(化学物質の管理、リスクアセスメント、SDS、有害性調査、情報等)

セミナー・研修会案内

割引サービス対象【専門】混合物のSDSつくり方研修1.5日間

この研修会は、割引サービスが利用できます。 詳細はこちら

的確に化学品の危険有害性情報を伝達することは化学品の信頼のみならず、化学物質のリスクアセスメントを実施する側にとって重要な情報となっています。GHS及びJIS基準の概要、混合物のGHS分類とその分類結果からラベル、SDSの作成方法を学びます。GHS分類について一定の知識をお持ちで、これからSDS作成を担当するまたはSDSの作成担当をしているが一定の知識を確認したいなどの皆様にお勧めの専門研修です。

対象者

初めてSDS作成を担当する者、SDSをより理解し活用したいSDS作成担当者、労働衛生コンサルタント等

研修期間

1.5日

定員

30〜35名(日程によって異なります)

お申込み

  • 申込方法    詳細についてのお問合せは、各申込先までお願いいたします。

参加費

参加費
区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 27,220円 16,330円
一般 30,240円 18,140円
受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

参加費には、テキスト代、消費税 8%が含まれています。

日程、開催地

日程、開催地
日程開催地申込先、相談・問合せ先連絡先備考
2017年7月31日(月)
〜8月1日(火)
東京都
港区
労働衛生調査分析センターTEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807
2017年10月18日(水)
〜19日(木)
東京都
港区
労働衛生調査分析センターTEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807
2017年11月7日(火)
〜8日(水)
大阪府
大阪市
労働衛生調査分析センターTEL 03-3452-6377
FAX 03-3452-4807

カリキュラム   ※カリキュラムの内容は都合により変更される場合があります。

1日目
カリキュラム
時間 内容
9時30分〜9時50分受付
9時50分〜10時00分開講挨拶及びオリエンテーション
10時00分〜12時00分
【講義】
GHSとラベル・SDSの概要
(ラベルとSDS位置づけ、JIS基準、GHSの目的と概要・混合物分類の考え方)
12時00分〜13時00分昼食休憩
13時00分〜14時50分
【講義】
混合物のGHS分類Ⅰ
(混合物分類における単一物質の政府分類の利用、混合物の物理化学的危険性)
演習:
物理化学的危険性の分類
14時50分〜15時00分休憩
15時00分〜16時50分
【講義】
混合物のGHS分類Ⅱ
(混合物分類における単一物質の政府分類の利用、健康有害性分類・環境有害性の分類)
演習:
有害性の分類
16時50分〜17時00分質疑応答
2日目
カリキュラム
時間 内容
10時00分〜12時00分
【講義】
混合物のGHSラベルの作成
(絵表示、警句、注意喚起、注意書の選択・編集)
12時00分〜13時00分昼食休憩
13時00分〜15時00分
【講義】
混合物のSDSの作成
(SDS作成のための情報収集、JIS規定の1〜16項の記載方法)
15時00分〜15時20分質疑応答
15時20分〜15時30分閉講挨拶

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防) 労働衛生調査分析センター
TEL 03-3452-6377 FAX 03-3452-4807
E-mail: kagaku@jisha.or.jp

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター