お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
教育推進部(ゼロ災研修担当)
TEL 03-3452-6257
FAX 03-3453-3449
E-mail: zerosai@jisha.or.jp

 

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

ゼロ災運動、KY(危険予知)

セミナー・研修会案内

割引サービス対象ゼロ災害全員参加運動プログラム研究会(プロ研)3泊4日コース

この研修会は、割引サービスが利用できます。  詳細はこちら

ライン管理者が、部下のそして企業の安全衛生の確保が自らの本来的な職務と考え、リーダーシップを持って能動的に率先垂範してこそ、職場の安全衛生が保たれます。

ベテラン安全衛生担当者が大量に退職していくなか、労働安全衛生法が求める管理者の役割を理解し、安全管理活動を行うとともに、コミュニケーションや人材育成を重要視し、チームワークやリーダーを中心としたミーティングなどの職場安全自主活動の活発化を推進できる管理者の育成が、企業の発展には必要不可欠となってきています。

プロ研では長年の経験を踏まえ、安全先取り活動の定着に向けて、安全管理手法、危険予知活動やチームミーテイングの活発化手法を徹底的な参加型で行っています。

企業の実務経験者や中災防公認ゼロ災運動KYTインストラクター等が受講者約10名に一人ずつコーディネーターとして参加し、研修の中でに10回以上に及ぶ職場を想定した実技ミーティングの体験学習を通じて安全管理と問題解決手法を学びます。

対象者

ゼロ災運動推進者、KYTトレーナー、RSTトレーナー

研修期間、講師

3泊4日
中央労働災害防止協会が担当します。

定員

65名

詳細、お申込み

参加費

参加費
区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 104,910円 62,950円
一般 110,060円 66,040円
受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)
詳細はこちら

備考

参加費には、テキスト代、宿泊費、食事代、消費税 8%が含まれています。
受講票は開催日10日前位に郵送します。

日程、開催地

日程、開催地
日程 開催地 備考
3422017年6月6日(火)〜9日(金)静岡県熱海市伊豆山1065-1
伊豆山研修センター
3432017年8月1日(火)〜4日(金)静岡県熱海市伊豆山1065-1
伊豆山研修センター
3442017年9月26日(火)〜29日(金)静岡県熱海市伊豆山1065-1
伊豆山研修センター
3452017年12月5日(火)〜8日(金)静岡県熱海市伊豆山1065-1
伊豆山研修センター
3462018年1月16日(火)〜19日(金)岡山県倉敷市児島塩生2767-21
倉敷シーサイドホテル
3472018年2月27日(火)〜3月2日(金)静岡県熱海市伊豆山1065-1
伊豆山研修センター

標準カリキュラム(3泊4日コース)(カリキュラムの内容は一部変更する場合があります)

1日目
標準カリキュラム:1日目
時間 1日目:内容
12時10分〜21時00分 ゼロ災運動とは(講義)、ライン化徹底サイクル、指差し呼称・健康問いかけKY、KYT基礎4R法他
2日目
標準カリキュラム:2日目
時間 2日目:内容
8時30分〜20時30分 KYT基礎4R法、ワンポイントKYT、ゼロ災チームミーティング、適切指示即時KYT、各社情報交流他
3日目
標準カリキュラム:3日目
時間 3日目:内容
8時30分〜20時30分 問いかけKY、積極的な聴き方の訓練、RA(リスクアセスメント)-KY活動、体験発表、問題提起ミーティング、全体交流会他
4日目
標準カリキュラム:4日目
時間 4日目:内容
8時30分〜13時00分 ゼロ災運動の導入・定着、交通KY、問題解決4R法他

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防) 教育推進部
TEL:03-3452-6257 FAX:03-3453-3449
E-mail: zerosai@jisha.or.jp

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター