講座のご案内

局所排気装置等定期自主検査者研修コース [ 局排(検) ]

局所排気装置、プッシュプル型換気装置及び除じん装置等については、1年以内ごとに1回、定期に自主検査を行うよう法令で義務づけられており、また、これらの検査方法については厚生労働省から「定期自主検査指針」が示されています。

本コースは、これらの検査を行う検査者として必要な知識及び技術について研修します。

対象者 局所排気装置等の定期自主検査を行う方
【受講要件】 次のいずれかを満たしている必要があります。
  1. 衛生工学衛生管理者の免許を有する方
  2. 作業環境測定士の資格を有する方
  3. 学校教育法による大学又は高等専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者(大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された方(当該課程を修めたものに限る)又はこれと同等以上の学力を有する認められたものを含む)で、その後6か月以上局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、空調設備若しくはこれらに準ずる装置の設計又は検査の実務に従事した経験を有する方
  4. 学校教育法による高等学校において理科系統の正規の学科を修めて卒業した者で、その後1年以上局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、空調設備若しくはこれらに準ずる装置の設計又は検査の実務に従事した経験を有する方
  5. 局所排気装置、プッシュプル型換気装置、除じん装置、空調設備若しくはこれらに準ずる装置の設計又は検査の実務に2年以上従事した経験を有する方
  6. 特定化学物質等作業主任者、石綿作業主任者、鉛作業主任者又は有機溶剤作業主任者の資格を有する者であって、当該作業に1年以上従事した経験を有する方
  7. 粉じん作業特別教育指導員(インストラクター)の資格を有する方
  8. その他これらと同等以上の知識、経験を有すると認められる方
研修期間 3日間
定員 20名
お申込み
教科内容
  1. 労働衛生一般
  2. 労働衛生関係法令
  3. 局所排気装置及びプッシュプル型換気装置に関する知識
  4. 除じん装置に関する知識
  5. 検査に使用する測定器等に関する知識
  6. 局所排気装置及びプッシュプル型換気装置の定期自主検査指針
  7. 除じん装置の定期自主検査指針
  8. フード、ダクト及び吸排気の能力に関する検査方法(実技)
  9. ファン及び電動機に関する検査方法(実技)
  10. ろ過式除じん装置に関する検査方法(実技)
  11. その他の除じん装置に関する検査方法(実技)
教科日程
日程は都合により一部変更する場合があります。
受講料 74,520円 (テキスト代、消費税 8%を含む。)
修了証 修了者には修了証を交付します。
開講日程 日程 備考
412018年2月5日(月)〜2月7日(水)

大阪開講の講座をみる講座一覧へ戻る

東京安全衛生教育センター

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター