ホーム > ISO45001最新情報 > 第2回カサブランカ会議

ISO45001最新情報

OSHMSのISO規格及びJISの開発が進められています

ISO規格開発委員会 第2回カサブランカ会議

会期

2014年3月31日~4月4日

第2回会議総会参加メンバー
OSHMSのISO規格開発委員会 第2回会議総会参加メンバー

会議の詳細

第2回カサブランカ会議が開催されたカサブランカは、北アフリカ北西部に位置するモロッコ王国の最大都市です。 ハントリー・ボガードのセリフ「君の瞳に乾杯」で有名な映画「カサブランカ」の舞台となった都市ですが、 1942年の公開から70年以上が経過した街並みには当時の雰囲気は残っていません。

第1回のロンドン会議で作成された作業原案(WD)に対してメンバー各国から寄せられたコメントは約1,300におよび、 そのうちの約25%は「リスク」に関するものでした。
この約1,300ものコメントについて、5つのタスクグループ(TG)で内容を検討したのですが、時間不足で議論が終了しないTGもありました。 特に「リスク」の対義語である「opportunity」については各国からの意見が紛糾し、意見の統一が図られませんでした。
この「opportunity」は日本人には理解しづらい概念で、適切な翻訳も難しいと思われます。 意見の集約ができなかった各TGは、eメールやweb会議で検討を続け、7月1日までに原稿をまとめることになりました。

最終日に行われた総会では、議論不足のままの作業原案(WD)を委員会原案(CD)に進めようとしたISO事務局に対し、各国から反対意見が続出。 「ISO45001は営利目的で作成するのではない。世界の労働災害を減らすために作成するのだ。CDにする前に議論をもっと深めよう」という意見に会場から拍手喝采が起こりました。 7月1日までにまとめられたCD原案は各国に回付されたのち、CDとすべきか否か7月15日まで各国エキスパートの投票が行われます。