ホーム > 中災防について > 組織の概要

中災防について

組織の概要

中央労働災害防止協会(中災防)は、事業主の自主的な労働災害防止活動の促進を通じて、安全衛生の向上を図り、労働災害を絶滅することを目的に、労働災害防止団体法に基づき、昭和39年(1964年)8月1日に労働大臣(現:厚生労働大臣)の認可により設立された公益目的の法人です。

事業主の方々の自主的な労働災害防止活動を促進し、働く人々の安全と健康を確保するための総合的活動を行っています。

組織の概要
名称 中央労働災害防止協会 (略称:中災防(ちゅうさいぼう))
設立年月日 1964年(昭和39年)8月1日
所在地
  • 本部(東京都港区)
  • 労働衛生調査分析センター(東京都港区)
  • 大阪労働衛生総合センター(大阪市西区)
  • 安全衛生サービスセンター(札幌市/仙台市/東京都/名古屋市/大阪市/広島市/福岡市)
  • 同 支所(富山市/高松市)
  • 安全衛生教育センター(東京都清瀬市/大阪府河内長野市)
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター(東京都港区)
  • コンプライアンス室(東京都港区)
代表者 会長 中西 宏明(なかにし ひろあき)
事業内容 事業主の自主的な労働災害防止活動を促進し、働く人々の安全と健康を確保するための総合的活動
主な活動項目 企業内スタッフの安全衛生教育/月刊誌及び図書・用品等の販売/企業に対する技術的指導/企業が行う健康づくり活動の支援/快適職場の形成促進/安全衛生分野での国際協力/安全衛生情報の提供/安全衛生に関する調査研究活動/作業環境測定・分析、化学物質の有害性調査 など

組織図

組織図