ホーム > 中災防について > トップのメッセージ

中災防について

トップのメッセージ

会長 中西 宏明 Hiroaki Nakanishi

会長
中西 宏明
Hiroaki Nakanishi

中央労働災害防止協会は、国や産業界との緊密な協力の下、半世紀以上にわたり、労働安全衛生水準の推進役として経済・産業・企業の発展や豊かな社会づくりに貢献してまいりました。また、全国規模の経済団体、さまざまな業界団体、業種別の労働災害防止団体、各都道府県の労働基準協会等を会員とし、わが国のすべての産業に対して企業経営における「安全第一」を強く訴え、その啓発と実現に努めてまいりました。

経済・産業が成長・発展し、働く人のみならず国民一人ひとりが健やかで幸せになるためには、労働災害ゼロを目標とした活動が不可欠です。誰もが安全で心身ともに健康に働くことができる職場を作っていくためには、経営トップの強いリーダーシップの下、現場力の強化を柱として、自主的な安全衛生の充実に最大限の努力を注ぐことが必要です。

そのような認識に基づき、中央労働災害防止協会は、これまで培ってきた労働安全衛生に関する豊富な知見や経験、高い技術力を生かして企業・事業場の安全衛生活動をサポートし、労働災害の防止や働く人たちの健康増進に、いっそう貢献してまいります。

今後とも引き続き、当会へのご理解とご協力を頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

みなさまの安全衛生活動のお役に立つために

理事長 八牧 暢行 Nobuyuki Yamaki

理事長
八牧 暢行
Nobuyuki Yamaki

中央労働災害防止協会(中災防)の経営理念は「全ての働く人々に安全・健康を ~Safe Work,Safe Life~」です。それを礎に、働く人の安全確保・安全文化啓発や健康増進に手を差し伸べています。

科学技術の著しい伸展、働き方・価値観の多様化、少子高齢化等に伴い、労働安全衛生をめぐる環境にも大きな変化・変革が生じていますが、私どもは、これらの動きをタイムリーに捉え、時に先取りして、新しい時代にふさわしい「人材の育成」や高い専門性を活かした「技術支援」、「情報の発信・提供」、「啓発」等に努めています。

具体的には、「経営トップ・安全衛生スタッフ向けの研修・セミナーの実施(ゼロ災運動、健康づくり等)」、「リスクアセスメント・マネジメントシステム(OSHMS)の構築と認定」、「作業環境測定」、「化学物質等の分析・ばく露評価」、「ストレスチェックサービス」、「安全衛生図書・用品の出版・販売」、「開発途上国・海外進出企業向けの研修・情報提供」、「中小規模事業場向けのサポート・評価」等です。

わが国の労働災害は、関係者のご努力により漸減してきましたが、近年になり、特に重篤災害の増加が見られるなど、新たな課題が浮上しています。中災防はこうした状況を真摯に受け止め、使命感を持ってさらなる創意工夫を駆使し、企業・事業場の安全衛生の向上に資するべく、努力してまいります。