第5回日中安全衛生シンポジウムIN神戸

 

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-3454-4596
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

諸外国の安全衛生団体等との交流

第50回韓国全国安全衛生週間への中災防理事長からのお祝いのビデオメッセージ

韓国で1968年に全国安全衛生週間が開始されて以来、今年で50回目の韓国全国安全衛生週間が2017年7月3日から7月7日まで韓国で開催されます。この韓国全国安全衛生週間は、韓国の災害防止団体である韓国安全保健公団(KOSHA)によって運営されています。今回の韓国全国安全衛生週間が50回目の節目でもあり、韓国安全保健公団から日本の労働災害防止団体である当中災防に対してお祝いのビデオメッセージの依頼がありました。
このため、中災防八牧理事長から韓国安全保健公団(KOSHA)理事長に対して第50回韓国全国安全衛生週間に際してのお祝いのビデオメッセージを送りました。
八牧理事長のビデオメッセージは次のとおりです。
また、八牧理事長のビデオメッセージの日本語訳は次のとおりです。


この映像をご覧いただく際は、Internet Explorerでの視聴を推奨します。

(八牧理事長のビデオメッセージの日本語訳)

アンニョンハシムニカ(こんにちは)。

韓国安全保健公団イ・ヨンスン理事長、御来賓の皆様、本週間に御参加の皆様、中央労働災害防止協会を代表して御挨拶申し上げます。理事長の八牧暢行でございます。 50回目の韓国全国安全衛生週間が盛大に開催されましたことを心よりお慶び申し上げます。 この節目に当たる開催は、韓国雇用労働部、韓国安全保健公団を始め関係の方々の御尽力の賜物であると存じております。 韓国においては、安全衛生水準の向上に行政、使用者、労働者の関係者が一丸となって取り組んでおられると承知しています。 今後とも、韓国安全保健公団が中央労働災害防止協会と協力し、労働災害の根絶に向けて指導力を発揮されることを祈念いたします。 重ねてお祝い申し上げます。 安全第一で御安全に!

チュカハムニダ(おめでとうございます)。

 

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター