お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

諸外国の安全衛生団体等との交流

アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)から中災防創立50周年に対する祝辞をいただき、広島全国産業安全衛生大会で広く参加者にお知らせしました。

アジア太平洋労働安全衛生機構(APOSHO)事務局長チーミン・ロウ氏から祝辞をいただきました。

祝辞をいただいた旨は、第73回全国産業安全衛生大会 平成26年10月22日(水)総合集会 第1部開会式で、披露いたしました。

祝辞の概要(中災防まとめ)

  • 中災防はAPOSHOに1986年に加盟し、1988年、1989年と2年連続で、日本においてAPOSHO の年次総会を開催した
  • これまで中災防は、アジア太平洋地域内の労働安全衛生の関係各組織に対して、非常に多くの専門的な労働安全衛生分野の教育・訓練プログラムを提供し続け、受講者の知識を向上させるだけでなく、域内の地域社会へ幅広く好影響を与えてきた
  • 半世紀に及ぶ中災防の歩みは、大きなものであって極めて成果の高いものである

とのお言葉をいただき、最後に、アジア太平洋地域において、労働安全衛生の究極の目的を達成するためには多くの課題が山積しているものの、APOSHOと中災防がともに手を取りあってすばらしい継続性を実現し、それに伴う輝かしい成果を得ることについての希望をお示しいただきました。

またこの祝辞(英語及び日本語翻訳)は、当大会参加者にお配りいたしました。

 

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター