お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

海外進出企業等との情報交流

第2回東京OSH海外進出情報交流会の開催結果

中央労働災害防止協会(中災防)は、2015年2月27日(金)に、産業安全会館(東京都港区芝5-35-1)で、「第2回東京OSH海外進出情報交流会」を開催いたしました。

本情報交流会事業は、グローバル化の進展に伴い、企業の方々にとって、労働安全衛生面の国際的な観点からの検討に加え、これまでなじみのない地域への進出の検討も迫られつつある中で、現地の状況や安全意識、安全文化などを深く考慮して対応することが求められていることを背景に実施しており、昨年2月3日の開催に引き続き、今回で2回目の開催となりました(今回参加者数49人)。

講師は、キヤノン(株)人事本部安全衛生部長・神戸 誠様と日本メクトロン(株)牛久事業場環境安全部長・川村 操様氏にお願いいたしました。

第2回OSH海外進出情報交流会 講師:神戸様

講師:神戸様

第2回OSH海外進出情報交流会 講師:川村様

講師:川村様

今回は、これまで開催した情報交流会の参加者の方からの声を踏まえ、講師の事例発表に加え、参加者が置かれた状況に関して参加者間の一層の情報共有などを図るため、参加者を2つのグループに分け、講師を座長とする分科会を開催することとしました。また、扱うテーマや対象国を絞った形で開催してほしいとの声を受け、これらを講師の発表内容や分科会での討議に反映させることといたしました。

第2回OSH海外進出情報交流会 講師事例発表

講師事例発表

第2回OSH海外進出情報交流会 分科会

分科会

神戸様には、事業立ち上げ時の対応やベトナム、さらにはフィリピンでの経験を中心に、川村様には、立ち上げ後のPDCA、中国向けの対応、日本メクトロン社様が会員である日本電子回路工業会の取組を中心に、それぞれ紹介いただきました。

今回、初の試みであった分科会では、座長となった講師と参加者の方との間で、

  • 進出先におけるKYT(危険予知活動)やリスクアセスメントの実効性ある進め方
  • 現地従業員の危険感度の高め方
  • ローカルスタッフの活用方法(キーパーソンの確保・育成方法)
  • 語学等のコミュニケーション手段のあり方
  • 安全衛生活動へのインセンティブ(報奨制度の是非)
  • 人材確保の苦労(離職率の改善方法、魅力ある職場のPR等)
  • 進出先の法令の調査方法(第3者の活用等)
  • 労働災害の捉え方・分析方法
  • 安全衛生方針の策定方法(本社のイニシアティブのあり方、現地の自発性・能力)
  • 進出先の管理体制のあり方(トップの姿勢、駐在員の質)
  • 進出先への国内からのサポート体制

等につき、活発な討議がなされるなど、大変充実した内容となったところです。

交流会終了後、この交流会が役に立ったかどうか尋ねた4段階評価のアンケートによると、一番高い評価の「役に立った」が68%、二番目に高い評価の「やや役に立った」が30%、三番目に高い評価の「あまり役に立たなかった」が2%でした。

こうしたことから、中災防としては、さらなる改善を加え、今後も引き続き開催する予定です。

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防) 技術支援部国際センター
〒 108-0014 東京都港区芝5-35-2
TEL 03-3452-6297 FAX 03-5445-1774

 

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター