講座のご案内

 

 

安全帯使用従事者特別教育インストラクターコース(仮称)

近年の墜落防止用の個人用保護具に関する国際的な動向および災害事例を踏まえ、作業内容に応じた墜落防止用の個人用保護具の使用に関する規制の見直しやフルハーネス型墜落防止用保護具を用いる労働者に対して、フルハーネス型墜落防止用保護具に関する知識等を教える労働者教育(特別教育)を必要とする規制の見直しが検討されています。

本コースは、フルハーネス型墜落防止用保護具(安全帯)を使用する労働者に対して行う特別教育を担当するインストラクターを養成するもので、必要な専門知識・教育技術や指導案の作成方法等に加え、実技・実習の教え方等についても習得します。

最終日にバスにて外部実習場等へ移動するため、お車でのお越しをご遠慮いただいております。

【注】今後の法令改正の状況により、講座の名称、教科内容、修了証に記載するインストラクターの呼称等を変更する場合があります。

対象者
  1. 安全帯使用従事者に対する安全衛生教育(特別教育)の講師となる者等
研修期間 3日間
定員 20名
お申込み 申込方法(必ずご確認ください。)
PDF 【大阪開講分】受講申込書 別ウィンドウが開きます (PDF 523KB)
WORD 【大阪開講分】受講申込書 別ウィンドウが開きます (Word 110KB)
教科内容
  1. 高所作業に関する知識
  2. フルハーネス型墜落防止用保護具に関する知識
  3. フルハーネス型墜落防止用保護具等の使用方法に関する知識
  4. 労働災害防止に関する知識
  5. 関係者との連携及び情報提供の進め方
  6. 関係法令
  7. 実技:フルハーネス型 墜落防止用保護具等の使用方法
  8. 教育の方法・指導案の作成要領
  9. 指導案の作成
  10. 教育演技
教科日程 PDF 教科日程表 別ウィンドウが開きます (PDF 59KB)
※日程は都合により一部変更する場合があります。
受講料 76,680円(消費税、テキスト代を含む。)
修了証 修了者には修了証を交付し、安全帯使用従事者特別教育インストラクター(予定)と呼称します。
開講日程 日程(2018年度) 備考
12018年11月14日(水)〜11月16日(金)
22019年1月16日(水)〜1月18日(金)
32019年3月18日(月)〜3月20日(水)

 

東京開講の講座をみる講座一覧へ戻る

大阪安全衛生教育センター

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター