アーク溶接作業者のための溶接ヒュームの健康障害防止対策

アーク溶接作業者のための溶接ヒュームの健康障害防止対策

溶接ヒュームの濃度測定

金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業では、金属アーク溶接等の新たな作業方法の採用時・作業方法の変更時に、個人ばく露測定により、空気中の溶接ヒュームの濃度測定を行う必要があります(施行日は令和4年4月1日。ただし、金属アーク溶接等作業を継続して行っている屋内作業場では、令和4年3月31日までに測定する必要があります)。
また、溶接ヒュームの濃度測定を行った場合には、その結果に基づき、適切な呼吸用保護具を選定し、使用させるとともに、面体を有する呼吸用保護具を使用させるときには、年1回、溶接作業者にフィットテストを実施する必要があります(フィットテストの施行日は令和5年4月1日)。

前ページの「必要な措置の流れ」図の②、④の濃度測定が該当します。

溶接ヒュームの濃度測定を実施しているセンター一覧

溶接ヒュームの濃度測定に関する補助金