ホーム > 大阪労働衛生総合センター > セミナー・研修会一覧 > 騒音障害防止管理者研修【基本コース】

大阪労働衛生総合センター

法令・通達に基づく研修

騒音障害防止管理者研修

令和5年4月に騒音障害防止のためのガイドラインが改訂され、騒音を発する作業場で労働者に作業を行わせる事業場では、騒音障害防止対策の管理者を選任することが求められます。

騒音障害防止管理者研修(基本コース) NSE-1

騒音障害防止のためのガイドラインで定められた科目・範囲について、3時間の所定の教育を実施します。ガイドラインに規定する教育を修了した旨の中災防会長名の修了証を交付します

対象者

受講資格として定めはありません。次のような方を想定しています。

事業場で、騒音障害防止対策を推進する管理者
衛生管理者、安全衛生推進者、職長など
高等学校の物理学の知識が必要となる部分があります。

研修期間

3時間(厚生労働省の通達に準拠)

お申込み

令和5年11月27日10:00より、お申し込みを受付けます。

※お申込みはWebのみです。

参加費

消費税 10% を含む

区分 金額
賛助会員 17,820円
一般 19,800円

日程

※申込開始日の午前10時より受付開始(申込開始日時になりましたら、「Web申込」ボタンが表示されます。)

日程 申込開始日 会場 コース
12024年4月16日(火)2月26日(月)大阪府大阪市西区土佐堀2-3-8
大阪労働衛生総合センター
基本
(NSE-1)
22024年9月17日(火)4月17日(水)大阪府大阪市西区土佐堀2-3-8
大阪労働衛生総合センター
基本
(NSE-1)

※第3回以降は日程が決まり次第、ホームページにてお知らせします。

カリキュラム

※カリキュラムの内容は都合により変更される場合があります。

時間 内容
12:00~12:50受付
12:50~13:00オリエンテーション
【学科】
13:00~13:30
(30分)
【学科】騒音の人体に及ぼす影響
①影響の種類
②聴力障害
【学科】
13:30~14:50
(80分)
【学科】適正な作業環境の確保と維持管理
①騒音の測定と作業環境の評価
②騒音発生源対策
③騒音伝ぱ経路対策
④改善事例
14:50~15:00
(10分)
休憩
【学科】
15:00~15:40
(40分)
【学科】聴覚保護具の使用及び作業方法の改善
①聴覚保護具の種類及び性能
②聴覚保護具の使用方法及び管理方法
③作業方法の改善
【学科】
15:40~16:10
(30分)
【学科】関係法令等
①騒音作業に係る労働衛生関係法令及び本ガイドライン
16:10~16:20修了証授与
【自由参加】
16:20~17:00
(40分)
自由参加 (株)リオン オリエンテーション
<詳細> 騒音ばく露計、精密騒音計、聴力検査用オージオメーター、アコースティックカメラ(音源可視化装置)を体験いただけます。

お問合せ

中央労働災害防止協会 大阪労働衛生総合センター業務管理室
TEL 06-6448-3477 FAX 06-6459-4195
Email sk-osaka@jisha.or.jp