安全行動調査 ~ヒューマンエラーの傾向を見える化してみませんか?~

安全行動調査 ~ヒューマンエラーの傾向を見える化してみませんか?~  割引サービス対象

割引サービスが利用できます。   ► 詳細はこちら

当協会では、「安全行動調査」という、日常の行動に関する78項目の質問に「はい、いいえ」で答えることにより、その時点でのその人のエラー傾向、パーソナリティーの傾向(性格、行動様式などの傾向)が把握できる調査を実施しています。

この調査は、昭和62年に学識者、企業の安全専門家の意見を参考に手法を開発し、平成9年に中災防で事業化したものです。現在では、延べ約20万人の利用実績がございます。

調査結果としてご提供するものは、ヒューマンエラーによる不安全行動と関連の深い、4つのエラー項目と8つのパーソナリティー項目について、その傾向を定量的に示すとともに、それらの結果を基にしたアドバイスを示します。

ヒューマンエラーによる不安全行動の防止として、効果的な対策の推進にぜひご活用ください。

調査は簡単! 個人が調査票に「はい、いいえ」をマーク

調査の仕方は、紙媒体の調査票に、各個人が右の例にある日常の行動に関する78の質問に「はい、いいえ」のどちらかをチェックするだけです。記入時間は、10分程度です。
その後、チェックした調査票を、当協会に送付することで、コンピュータによる解析をします(結果は下図「診断結果の例」参照)。

質問票の例(一部)

見やすい結果を 個人ごとに提供

調査結果として、まず第一に個人ごとの「あなたの安全行動診断結果」をお示しします。 これには、次のものを記載しています。

  • 4つのエラー傾向と8つのパーソナリティーの傾向を、定量的にマーク
  • 総合的に勘案した、アドバイス
エラー傾向 パーソナリティー傾向
(1)聞き違い・見落とし
(2)勘違い
(3)度忘れ
(4)物忘れ
(1)疲れやすさ
(2)気の弱さ
(3)根気のなさ
(4)いい加減さ
(5)自制心のなさ
(6)軽率さ
(7)協調性のなさ
(8)神経質さ

個人プロフィールの例

対象者全員の傾向把握 全体集計表、グラフで見える化

対象者全員の傾向を把握するため、次のものをお示しします。
※ これらのデータは、健康診断結果などと同じで、プライバシー保護が原則であることにご注意ください。

  • 全体集計表…個人ごとのエラー傾向、パーソナリティー傾向を詳細な点数にした一覧表
  • 集団集計表…全体のエラー傾向、パーソナリティー傾向の点数一覧を示した集計表
  • 集計グラフ…各エラー傾向、各パーソナリティー傾向ごとの人数分布のグラフ
  • 平均グラフ…対象者全員の平均値と安全行動調査を過去5年間利用した人達の平均のグラフ

全体集計表(一覧表)

全体平均グラフ(一覧表)