平成27年度 年末年始無災害運動

平成27年度年末年始無災害運動実施要領

1 趣旨

年末年始無災害運動は、働く人たちが年末年始を無事故で過ごし、明るい新年を迎えることができるようにという趣旨で、昭和46年から厚生労働省の後援のもと中央労働災害防止協会が主唱する運動で、本年で45回目を迎える。

我が国における労働災害は、長期的には減少傾向を辿ってきたが、この5年間では、一進一退を続けており、平成26年は、死亡災害、死傷災害、重大災害のいずれも前年を上回った。また、平成27年上半期では、死亡災害、死傷災害は前年に比べ減少しているものの、第12次労働災害防止計画の目標達成に向けて更なる取組が必要である。

この背景には、団塊世代の大量退職に伴う安全衛生ノウハウ継承の断絶や非正規労働者など現場経験の浅い労働者の増加、若年労働者の危険感受性の低下や企業における安全管理体制の「ほころび」などが想定され、まさに「現場力」の低下というべき新たな課題を顕在化させている。また、安全に対する意識が弱いとされる第三次産業では、近年、就業者数の増加に伴い、労働災害が増加傾向にあることから、安全意識を高めるための活動の促進が求められている。

一方、健康面では、平成26年度の精神障害の労災支給決定件数が過去最多となるなど、職場におけるメンタルヘルス対策や過重労働による健康障害防止対策は重要な課題となっている。また、溶剤、薬品等の化学物質の飛沫による眼等の薬傷・やけどなど、保護眼鏡等の基本的な保護具の着用で予防できる重篤な災害も依然として発生している。

このような状況を踏まえ、平成26年6月に公布された改正労働安全衛生法により、ストレスチェック制度の創設、化学物質のリスクアセスメントの実施、職場における受動喫煙防止対策など、業務上疾病の発生を未然防止する仕組みの充実が進められている。
また、過労死等防止対策推進法(平成26年11月施行)に基づき、平成27年7月には「過労死等の防止のための対策に関する大綱」が定められた。

こうした中、職場の安全と健康を確保するためには、経営者、労働者双方が改めて安全衛生意識、危険感受性を高めることが必要である。特に経営トップは、強い決意のもと自らが先頭に立ち、安全衛生活動について総点検を行い、安全衛生管理体制の見直し、安全衛生教育の徹底をすることが必要である。

とりわけ年末年始は、あわただしく、生活のリズムも変わりやすく、大掃除や機械設備の保守点検・始動等、非定常作業が多くなる。各事業場、職場では、作業前点検の実施、作業手順や交通ルールの遵守、非定常作業における安全確認の徹底等に努めることが普段にも増して重要となる。

このような趣旨を踏まえ、本年度の年末年始無災害運動は、

『「たぶん」「だろう」に 危険がひそむ しっかり点検 年末年始』

を標語として展開することとする。

 

2 実施期間

平成27年12月15日から平成28年1月15日までとする。

 

3 運動標語

『「たぶん」「だろう」に 危険がひそむ しっかり点検 年末年始』

 

4 主唱者

中央労働災害防止協会

 

5 後援

厚生労働省

 

6 実施者

各事業場

 

7 主唱者の実施事項

(1)
機関誌、インターネット等を通じての広報
(2)
リーフレット等の制作及び配布
(3)
小冊子、ポスター、のぼり等の頒布

 

8 事業場の実施事項

(1)
経営トップによる安全衛生方針の決意表明
(2)
リスクアセスメント及び労働安全衛生マネジメントシステムの積極的な導入・定着
(3)
ストレスチェック制度の実施を含むメンタルヘルス対策・過重労働対策の推進
(4)
KY(危険予知)活動を活用した「現場力」の強化と5Sの徹底
(5)
非定常作業における労働災害防止対策の徹底
(6)
機械設備に係る定期自主検査及び作業前点検の実施
(7)
安全衛生パトロールの実施
(8)
火気の点検、確認等火気管理の徹底
(9)
はさまれ・巻き込まれ災害の防止対策の徹底
(10)
交通労働災害防止対策の推進
(11)
東日本大震災に伴う復興工事等における労働災害防止対策
(12)
化学物質のリスクアセスメントの実施に向けた環境整備・化学物質管理の徹底
(13)
腰痛予防、転倒防止、受動喫煙防止の対策の推進
(14)
健康的な生活習慣(睡眠、飲酒)に関する健康指導の実施
(15)
インフルエンザ等感染症予防対策の徹底
(16)
安全衛生旗の掲揚及び年末年始無災害運動用ポスター、のぼり等の掲示
(17)
その他安全衛生意識高揚のための活動の実施