ゼロ災運動・KY(危険予知)

危険予知訓練 KYT

危険予知訓練(KYT)とは

危険予知訓練は、職場や作業の状況のなかにひそむ危険要因とそれが引き起こす現象を、職場や作業の状況を描いたイラストシートを使って、また、現場で実際に作業をさせたり、作業してみせたりしながら、小集団で話し合い、考え合い、分かり合って、危険のポイントや重点実施項目を指差唱和・指差呼称で確認して、行動する前に解決する訓練です。

危険予知訓練は、危険(キケン、Kiken)のK、予知(ヨチ、Yochi)のY、トレーニング(トレーニング、Training)のTをとって、KYTといいます。

【写真1:チームミーティング】           【写真2:タッチアンドコール】
ゼロ災研修会の写真:チームミーティングとタッチアンドコール

【イラスト:危険予知(KYT)で用いるイラストシートの例】
イラスト:危険予知(KYT)で用いるイラストシートの例