講座のご案内

特殊教育インストラクター講座等

(上記以外のコース)    
講座一覧へ戻る

ロープ高所作業特別教育インストラクターコース [ ロープ高所(イ) ]

ロープで労働者の身体を保持し、ビルの外装清掃等を行ういわゆる「ロープ高所作業」については結び目がほどける等により墜落した死亡災害が多発しています(平成19年〜24年:27名)。
そこで、ロープ高所作業による労働災害を防止するため、同作業の危険防止にかかる規定が新設されるなど労働安全衛生規則の改正が行われ(平成28年1月1日施行)、また、事業者による労働者に対する特別教育が義務付けられました(平成28年7月1日施行)。
本コースはロープ高所作業にかかる業務の特別教育を担当するインストラクターを講義と実技を併用して研修し養成するもので、主にビルの外装清掃を中心に行います。

ロープ高所作業:高さが2m以上の作業床を設けることが困難なところで、いわゆるブランコなどの昇降器具(作業箇所の上方にある支持物にロープを緊結してつり下げ、このロープに労働者の身体を保持するための器具(身体保持器具)を取り付けたもので、労働者自らの操作により昇降するもの)によって身体を保持しつつ行う作業。

対象者 ビルの外装清掃及び法面での作業等ロープ高所作業業務の特別教育の講師となる方でロープ高所作業の実務又は指導経験を1年以上有する方
研修期間 3日間
定員 20名
お申込み
教科内容
  1. 安全管理の概論(インストラクターの役割、心構えを含む)
  2. 関係法令
  3. ロープ高所作業に関する知識
  4. ロープ高所作業で使用するメインロープ等用具に関する知識及び保守・点検
  5. ロープ高所作業における墜落防止措置
  6. 実技:作業方法、用具の点検
  7. 災害事例研究(討議を含む)
  8. 教育の方法・指導案の作成要領
  9. 指導案作成
  10. 役割演技(発表)
教科日程
日程は都合により一部変更する場合があります。
受講料 70,200円 (テキスト代、消費税 8%を含む。)
修了証 修了者には修了証を交付し、ロープ高所作業特別教育インストラクターと呼称します。
開講日程 日程 備考
32017年4月24日(月)〜4月26日(水)
42017年11月20日(月)〜11月22日(水)

講座一覧へ戻る

東京安全衛生教育センター

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター