講座のご案内

特殊教育インストラクター講座等

(上記以外のコース)    
講座一覧へ戻る

腰痛予防労働衛生教育インストラクターコース(福祉・医療分野等コース) [ 腰痛(イ)福祉 ]

社会福祉施設や医療分野等においては、雇用労働者数が過去10年で約2倍と急増しており、災害増加率は、それを上回ってこの10年で約2.5倍近くになっています。特に腰痛については、社会福祉施設をはじめとする保健衛生業において、最近の10年間で2.7倍に増加しています。
また、平成25年6月に厚生労働省が公表した「職場における腰痛予防対策指針」においては、「労働者には腰痛の発生に関する要因とその回避・低減措置について適切な情報を与え、十分な教育・訓練ができる体制を確立すること」とされています。

以上のことを踏まえ、福祉・医療分野において、腰痛予防のための労働衛生教育を実施する者を養成するとともに、適切な福祉用具の取扱方法を学ぶ実習を多く取り入れ、その正しい取り扱い方と知識を習得し、広めることにより、腰痛予防対策の周知と推進を図ることを目的に実施するものです。

心とからだの健康づくり指導者の方々へ
本コースは、心とからだの健康づくり指導者レベルアップ研修の該当研修会に認定されました(認定単位数2単位)。
健康づくり指導者については、健康づくり指導者登録のご案内別ウィンドウが開きますをご覧ください。

対象者 福祉・医療分野における腰痛予防のための労働衛生教育の指導員(インストラクター)となる方
研修期間 3日間
定員 20名
お申込み
教科内容
  1. インストラクターの役割と心構え
  2. 衛生管理の概論
  3. 業務上腰痛の発生状況と対策事例
  4. 腰痛予防に係るリスクアセスメント・OSHMS
  5. 腰痛概論
  6. 作業管理
  7. 作業環境管理
  8. 健康管理
  9. 実習(リフト・スライディングシート等の取扱方法)
  10. 体操の理論と実技
  11. 教育方法(指導案の作成、役割演技)
教科日程
日程は都合により一部変更する場合があります。
受講料 78,840円 (テキスト代、消費税 8%を含む。)
修了証 修了者には修了証を交付し、腰痛予防のための労働衛生教育指導員(インストラクター)と呼称します。
開講日程 日程 備考
252017年11月20日(月)〜11月22日(水)

大阪開講の講座をみる講座一覧へ戻る

東京安全衛生教育センター

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター