ホーム > 近畿安全衛生サービスセンター > フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(法令・通達に基づく研修)

近畿安全衛生サービスセンター

法令・通達に基づく研修

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育(出張形式・講師派遣・免除科目)

労働安全衛生施行令及び労働安全衛生規則等が改正されました。

ポイント①墜落制止用器具はフルハーネス型を原則とすること。
ポイント②事業者は、高さ2メートル以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、墜落制止用器具のうちフルハーネス型のものを用いて行う作業に労働者を就かせるときは、特別の教育を行うこと。

本研修は、関係法令やフルハーネス型墜落制止用器具について、講義と演習を通じて学んでいただく研修です。

  • 事業場を会場として実施を希望する場合
  • 特別教育の講師派遣だけを希望する場合
  • 免除科目に対応した特別教育を希望する場合

などについても対応いたします。問い合わせ先まで連絡をお願いします。

料金の概要(PDF 87KB)PDF

特別教育用テキストの販売

テキストのみの販売も行っております。
なお、20冊以上まとめてご注文いただいた場合は、「講義用パワーポイント図表集」をダウンロードしていただけます。

申込書(PDF 252KB)PDF

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)近畿安全衛生サービスセンター
TEL 06-6448-3450 FAX 06-6448-3477
E-mail: kinki@jisha.or.jp