お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた個別の情報については、中災防WEBサイトの国別分野別情報にリンクして取り込んでおります。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

ISSA及びビジョンゼロについて

ISSAとは

ISSA(International Social Security Association、国際社会保障協会)は、各国の社会保障機関・団体を会員とする国際機関です。ISSAは、1927年にILOの協力を得てジュネーブに設立されました。ISSAの憲章上の使命は、「社会正義を基礎に人々の社会・経済状態を向上させるために、世界全体の社会保障の促進及び開発において、主としてその技術・管理面の改善を通じて国際レベルで協力すること」となっています。
2018年現在158カ国に330以上の組織がISSAに会員として加入しています。日本では厚生労働省、健康保険組合連合会、公益社団法人国民健康保険中央会、日本年金機構がその会員となっています(参考:https://www.issa.int/en_GB/directories/organization別ウィンドウが開きます)。

 

ビジョンゼロ(Vision Zero)とは

ビジョンゼロ(Vision Zero)とは、2017年9月にシンガポールで開催された第21回世界労働安全衛生会議でISSAにより職場における労働災害、職業性疾病、危険要因をゼロにすることを目指す国際的なキャンペーンが開始しされました。

ビジョンゼロの解説は以下のサイトにあります。

ビジョンゼロを達成するために7つの黄金律(ゴールデンルール)が次のように示されています。

  1. リーダーシップをとり、安全衛生方針を示しましょう。
  2. 危険源を特定し、リスクをコントロールしましょう。
  3. 対象に焦点をあてて対策を講じましょう。
  4. 労働安全衛生マネジメントシステムを整備しましょう。
  5. 機械、設備、作業場所の労働安全衛生を確保しましょう。
  6. 従業員の資質を向上させ、能力を開発しましょう。
  7. 人的資源に投資し、活動参加により安全衛生意識を高めましょう。

経営者・管理者向けの7つの黄金律についての解説として、チェックリスト形式を利用した更に詳しいものが示されています。

以下に日英の解説のリンクを示します。

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • 安全衛生マネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター