お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた個別の情報については、中災防WEBサイトの国別分野別情報にリンクして取り込んでおります。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

アジア安全衛生 SAKURA プロジェクト

近年、日本企業の多くがアジア地域へ進出していますが、安全衛生に関する情報やノウハウが不足しているため、進出先拠点の安全衛生体制が必ずしも十分でない例がみられます。
そこで中央労働災害防止協会では、長年日本の企業が築き上げてきた日本の労働安全衛生分野のノウハウや経験を進出先の日系企業の安全衛生活動にも取り入れてもらい、現地の従業員の安全意識の高揚と労働災害の防止に役立ていただくことを目的に本事業を行います。

支援概要

安全衛生の専門家によって日本国内で労働災害防止のためのノウハウや経験を伝える「国内(日本)における研修」と、その後のフォローアップのため、海外拠点に日本から専門家を派遣して行う「海外における助言・指導」を組み合わせて実施します。

平成31年度(2019年度)はベトナムを対象国として実施します。

支援内容

(1)
「国内における研修」
日本の産業現場での実践活動のほか、全社的な取組みとして展開しているOSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)、リスクアセスメント、ゼロ災運動、5S、健康づくり等の取組みを伝え、海外進出日系企業の安全衛生担当者の能力向上を目指す現地語(ベトナム語)による安全衛生研修コースを日本国内で実施します。
平成31年度は、ベトナム語による安全衛生研修コースを現地語で実施します。
ベトナム語コース(2019年11月25日(月)〜11月30日(土))
募集定員:
18名(原則、1企業から2名まで)
申込締切日:
原則、7月31日(水)(先着順)
(2)
「海外における助言・指導」
「国内における研修」を受講した受講生の現地企業において実施します(ホーチミン及びハノイ近郊の事業場を対象)。日本から専門家を現地企業に派遣し、現場の状況に応じた2〜3時間程度の安全衛生に関する指導・助言等を実施します。
ベトナム(2020年1月〜3月頃に専門家を派遣予定)
対象事業場:
ホーチミン・ハノイ近郊の事業場のみが対象となります(その他の地域の事業場は、国内研修への参加のみになる場合があります)。

受講条件

受講対象者は、製造業を中心とした海外進出日系企業に所属し、次の①〜④の全ての条件を満たす方となります。

所属企業の代表者からの推薦を受けた方
3年以上の安全衛生に関する実務経験を有する方
安全衛生に関する専門知識を有する方
原則、年齢が45歳未満の方で、本プロジェクト参加後も、継続して所属企業に勤務する意思のある方

費用

(1)
「国内(日本)における研修」
受講者の日本への往復渡航費、日本における宿泊費、国内移動旅費、食費等は、受講者が所属する企業もしくは受講者ご本人にご負担いただきます。研修受講費は、中災防が負担します。
(2)
「海外における助言・指導」
企業が負担する費用は特段ありません。なお、専門家の現地への往復渡航費、現地における宿泊費、食費、通訳費、助言・指導費は、中災防が負担します。

申込方法

下記の申込書をダウンロードし、所属する海外進出日系企業の親会社(日本本社)の担当者等を通じ、締切日までに中災防にメールにて応募して下さい。

当協会で受講要件等を確認の上、受講者を決定し日本本社担当者に8月下旬までにメール等で通知します。応募者多数の場合は、受講できない場合もあることを予めご了承下さい。

募集要項リーフレット

カリキュラム

申込書

申込書は日本語もしくは英語のいずれかでご提出下さい。
日本語版
PDF別ウィンドウが開きます(PDF 116KB) WORD別ウィンドウが開きます(WORD 60KB)
英語版
PDF別ウィンドウが開きます(PDF 102KB) WORD別ウィンドウが開きます(WORD 57KB)

質疑応答集

プロジェクトガイドブック(参加企業向け)

  • 日本語版(掲載準備中
  • ベトナム語版(掲載準備中

申込み・問合せ先

技術支援部 国際センター 住(すみ)
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2
電話:03(3452)6297 FAX:03(5445)1774
E-mail:trajisha@jisha.or.jp

(参考)

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • 安全衛生マネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター