第5回日中安全衛生シンポジウムIN神戸

 

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-3454-4596
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

開発途上国に対する技術協力

 

中央労働災害防止協会(以下「JISHA」と記します。)では、JICAを通じた技術協力のほか、開発途上国に対するJISHA独自の技術協力として、開発途上国の労働安全衛生団体や企業の安全衛生担当者などを日本に招聘し、労働安全衛生に関する研修(JISHA自主研修)を実施しています。

 

JISHA自主研修

当該研修は、JISHAとして開発途上国における労働安全衛生の水準の向上に貢献するため、平成20年度にJISHAの自主事業として創設されたものです。
開発途上国から労働安全衛生事業に取り組む団体や企業の実務者等を年間1チーム招聘し、これまでの労働安全衛生分野における様々な技術協力の経験を活かして、実務的な研修を実施しています。

JISHA自主研修の活動報告

 

アジア安全衛生 SAKURA プロジェクト

安全衛生の専門家によって日本国内で労働災害防止のためのノウハウや経験を伝える「国内における研修」と、その後のフォローアップのため、海外拠点に日本から専門家を派遣して行う「海外における助言・指導」を組み合わせて実施します。

アジア安全衛生 SAKURA プロジェクト

 

その他の研修事業

以上のほか、海外の労働安全衛生団体から要請を受けて、個別団体仕様の研修として、日本で彼らを受け入れて研修会を行ったり、講師を依頼先の国に派遣して、現地で研修会を行ったりすることもあります。

要請研修に係る活動報告

 

中災防は、働く人の安全と健康づくりをサポートします。

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター