お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際センター
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた情報についてはこちらをご覧ください。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

韓国労働災害統計(2012年-2016年)

韓国雇用労働省は、同省ウェブサイトにて労働災害発生状況を公表しています。
以下に2012年-2016年までの労働災害発生状況を示します。

韓国の労働災害発生状況(2012-2016年)

 20122013201420152016
雇用者数(単位:千人)15,54815,44917,06217,96918,432
被災者数92,25691,82490,90990,12990,656
死亡者数1,8641,9291,8501,8101,777
災害発生率(雇用者100人あたり)0.590.590.530.50.49
死亡災害発生率(雇用者1万人あたり)1.21.251.081.010.96

出所:韓国雇用労働省
http://www.moel.go.kr/english/pas/pasMajor.jsp別ウィンドウが開きます

被災者数:
韓国の労働者災害補償保険法の適用を受ける事業場に雇用される労働者で労働災害による休業4日以上の被災者数
(参考)
以下に韓国と日本の労働災害発生率を示します。
韓国と日本の労働災害発生率の比較
  201220132014201520162017備考
災害発生率(年千人率)韓国5.95.95.35.04.9  
日本2.32.32.32.22.22.2*1
死亡災害発生率(雇用者10万人あたり)韓国12.012.510.810.19.6  
日本2.22.12.11.91.81.9*2
*1:
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/user/anzen/tok/h29_senninritsu.xlsx別ウィンドウが開きます(Excel 27KB)
*2:
http://www.jisha.or.jp/english/statistics/pdf/2017_fatal_accidents_rate.xls別ウィンドウが開きます(Excel 28KB)

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • JISHA-ISOマネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター