お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
国際課
TEL 03-3452-6297
FAX 03-5445-1774
E-mail: kokusai@jisha.or.jp

 

お知らせ

国からの委託事業であった 「国際安全衛生センター(JICOSH)」 別ウィンドウが開きます が2008年3月末をもって廃止されました。 永らくのご利用ありがとうございました。 同センターのサイトに掲載されていた個別の情報については、中災防WEBサイトの国別分野別情報にリンクして取り込んでおります。

 

Get ADOBE READER
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe® Reader™が必要です。

 

各国情報・国際関係

アメリカ産業衛生専門家会議 (American Conference of Governmental Industrial Hygienist;ACGIH)

アメリカ産業衛生専門家会議(American Conference of Governmental Industrial Hygienists;ACGIH別ウィンドウが開きます)は、1938年にその先駆的な団体(The independent National Conference of Governmental Industrial Hygienists ;NCGIH)として発足し、1946年に現在のACGIHとして再編成され、当初の会員構成が、連邦又は州政府に関連するインダストリアル・ハイジニストに限定されていた会員資格を、外国の政府関係機関に勤務するインダストリアル・ハイジニストにも広げた。その後2013年に、産業衛生、労働衛生、労働安全の分野に従事するすべての専門家が会員の資格を得ることができるようにした。
ACGIHの活動として最もよく知られているのは、Threshold Limit Values for Chemical Substances (TLV®-CS) Committee(化学物質についての抑制濃度委員会)が、1956年以来公表している"Threshold Limit Values (TLVs®)" 及びその科学的根拠をまとめて1962年以来公表しているDocumentation of the Threshold Limit Valuesであり、さらには物理的因子の許容限界、一定の化学物質についてのBiological Exposure Indices (BEIs®)(生物学位的暴露指標)である。
このほか、ACGIHは、アメリカ合衆国内で、毎年、AIHA別ウィンドウが開きますAIHA中災防解説)と協力して、労働者の健康を守るための新しい手段と戦略、経験及び情報交換等を目的として、世界中から数千人の産業衛生に関する専門家が参集する大会( AIHce別ウィンドウが開きますと呼ばれている。)を主催している。

(関連記事)

2019/05/09
ACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)は、2019年版の化学物質の許容濃度値等を公表しました。別ウィンドウが開きます(PDF 316KB)
2018/05/21
ACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)は、2018年版の化学物質の許容濃度値等を公表しました。別ウィンドウが開きます(PDF 491KB)
2017/05/19
ACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)は、2017年版の化学物質の許容濃度値等を公表しました。別ウィンドウが開きます(PDF 209KB)
2016/06/08
ACGIH(アメリカ合衆国産業衛生専門官会議)は、2016年版の化学物質の許容濃度値等を公表しました。別ウィンドウが開きます (PDF 65KB)
2015/05/28
ACGIH(American Conference of Governmental Industrial Hygienists; アメリカ合衆国産業衛生専門家会議)は、本年4月に、化学物質の許容濃度値(Threshold Limit Values)及び生物学的モニタリングの指標(Biological Exposure Indices)の2015年版を公表し、頒布しました。 別ウィンドウが開きます

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • 安全衛生マネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター