OSHMS(労働安全衛生マネジメントシステム)、リスクアセスメント機械安全

OSHMS関連サービス

労働安全衛生法の改正により2006年(平成18年)4月から、事業者のリスクアセスメント実施が努力義務化され、また、OSHMS(労働安全衛生法マネジメントシステム)を実施し、かつ労働災害発生率が低いなど一定の条件を満たしていると所轄労働基準監督署長が認定した事業者に対しては、労働安全衛生法第88条の「計画の届出」が免除されることになりました。
OSHMSは、現在多くの事業所でその構築や実施が進められてきていますが、さらにその動きは、ISO45001の発行により加速するものと思われます。

このような動向を踏まえ、中災防では、OSHMSに関する人材養成のため、各種研修を定期的に開催するほか、事業場からのご依頼やご要望によりお伺いして行うOSHMSに関する出張研修も実施しています。
また、それぞれの事業場のご要望に応じて、事例等の必要な情報提供を行っています。
(なお、これらに関する無料説明会・相談会も開催しております。)

さらに、中災防では「JISHA方式適格OSHMS基準による認定」を実施しています。 
この基準は、厚生労働省の指針とILOガイドラインに沿ったものです。事業場で構築したOSHMSが安全衛生水準の向上に役立っているかも含めて審査するものです。

これらの総合的なサービスを通じて、 中災防では、事業場のニーズと段階に合わせた様々なOSHMS関連サービスを提供しています。さらなる安全衛生水準の向上のために、ぜひご活用ください。

OSHMSやリスクアセスメントについて取り組みたいがどのようなサービスが受けられるのでしょうか?

事業場の取組段階 1.

  • 実施に必要な人材を養成したいと考えている。

対応するサービス

事業場の取組段階 2.

  • どのように導入したらよいか他社事例が知りたい。
  • 現在実施しているが、さらに充実させたいため事例がほしい。

対応するサービス

お問合せ

中央労働災害防止協会(中災防)
技術支援部
TEL 03-3452-6366
FAX 03-5445-1774
E-mail:gijutsu@jisha.or.jp