受講予定の皆さまへ

当センターでは個室を用意して合宿教育を行っております。

新型コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス等の感染症を発症している場合は、受講できません。
また、受講期間中に発症した場合、途中退所となり、修了証は発行されません。

受付時間

※入所日を変更する場合は必ず事前に連絡をお願いします。
開講日前日入所
17時〜19時
19時までに入所できない場合は、必ず入所予定時間を連絡のうえ、遅くとも22時までには入所してください。
開講日当日入所
8時00分〜8時40分(受付の混雑を避ける為、早めにお越しください)
(注)
研修コースによっては、受付の時間・場所が異なる場合がありますので、申込受付完了後お送りする書類をご確認ください。

入所受付は居住棟1階ロビーで行います(宿泊しない方も同様です)。受付時間に受講票、受講者台帳および健康チェックリストを提出して部屋の鍵を受取ってください。

新型コロナウイルス感染症予防対策等について

〈再開にあたっての感染症予防対策〉  詳細はこちら別ウィンドウが開きます(PDF 886KB)

  • 受講者の健康状態の確認(入所時健康チェックリストの提出、検温等)、身体的距離の確保(講座あたりの受講者数の削減、座席レイアウト、飛沫防止パネルの設置等)、マスク着用、フェイスガードの使用、手指消毒液の設置、施設内設備での利用人数制限、換気の徹底(窓開けによる換気、換気扇増設等)などを実施しております。

〈受講にあたっての新型コロナウイルス感染症予防対策のお願い〉

  1. 当センターへ来所される前の時点で発熱等の風邪症状がみられる場合には、受講者の健康確保や新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止する観点から、研修受講について見合わせていただきますようお願いいたします。
  2. 受付の際に健康チェックリストの提出と検温をお願いします。発熱等感染が疑われる場合、受講できませんのでご了承ください。
    また、受講日前2週間以内に、同居の方や職場の同僚等に、発熱等の症状により新型コロナウイルスに感染の疑いのある方がいる場合(感染の疑いのある者との濃厚接触をした場合)は、受講を見合わせるようお願いいたします。
  3. 講義中はもとより、休憩、食事、宿泊施設の共用部分利用など当施設を利用中は常にマスクの着用をお願いいたします。マスクの配布は行いませんので、各自、受講期間中に必要な枚数のマスクをご持参いただくようお願いします。
  4. 毎日、ご自身で検温をしていただき、記録を取っていただきます。各自、体温計を持参してください。毎日、健康確認を行います。その際に、発熱等の風邪症状がみられる場合は受講を中断していただくこととなります。なお、受講期間中に一緒に講座を受講している受講生に新型コロナウイス感染の疑いのある方が出た場合に講座を中断し、後日、再開させていただく場合がありますのでご了承願います。
  5. 当センター受付に手指消毒剤をご用意しておりますので、来所時には消毒の上、入所してください。
  6. 受講期間中は、マスクの着用を含む咳エチケット、手洗い、手指消毒等の実施をお願いいたします。
  7. 感染予防及び受動喫煙防止のため、建物内は禁煙です。また、喫煙場所等の制限があります。
  8. 研修期間中は、講座、食事、入浴等のほかは各居室で過ごしていただきますのでご理解、ご協力ください。
新型コロナウイルス感染症予防のための日程変更、キャンセルについては(電話 042−491−6920)までご相談ください。土日祝日を除く平日 9時 〜 17時

 

〈講座日程の一部変更について〉
新型コロナウイルス感染症の影響により、講座を中止していた関係で2020年度教育日程に一部変更が生じています。随時、ホームページで更新していきますので、ご確認ください。

受講について

  1. 講座は全科目受講してください。欠科目があると修了証を発行できません。(遅刻・早退も欠科となり修了証を発行できません。)
  2. 講義中の携帯電話、スマートフォン等情報通信機器の使用はご遠慮ください。貸出用パソコン、USBメモリ、録音機の使用もご遠慮ください。

宿泊について

宿泊は無料です。
浴室(シャワーのみの利用となり、同時に使用する人数制限を行います。)およびトイレは共同利用となります。また、各居室には洗面台がありません。
通常は、各講座ともに夕食後に、討議・情報交換等の学習を行うため、原則として当センターに宿泊いただいていますが、今般の新型コロナウイルスの流行に鑑み、1日の講座終了後(カリキュラムによっては夕食後の場合もあります。)は各自の部屋でお過ごしいただくこととさせていただきます。
つきましては、当面の間、宿泊について当センターでの宿泊を必須とはいたしません。外部のホテル等に宿泊(宿泊料自己負担)して、そこから通所していただいても結構です(当センターの宿泊は無料となっているので、受講料は変わりません。)。
遅刻した場合、欠科となり修了証を発行できません。通所の方は絶対に遅刻をしないよう時間に余裕をもってお越しください。
当センター近辺のホテルとしては、西武池袋線沿線で東久留米駅と所沢駅近くにビジネスホテルがあります。

宿泊施設の設備・備品など(使用料は無料)

浴衣、テレビ、冷蔵庫が用意されています。また、浴室にはボディーソープ、シャンプー、ロビー等に自動販売機、電子レンジがあります。

タオル、バスタオル・歯ブラシ等洗面用具はありません。各自ご持参ください。また、マスク(複数枚)、体温計もご持参ください。

食堂の利用

  1. 食堂の経営は、業者に委託しています。
  2. 食堂では食事のほか飲み物を販売しています。(センター内に自動販売機も設置しています。)
  3. 食事代は受講料とは別に1日2,320円(朝530円、昼740円、夜1,050円 消費税込み)です。来所受付時に食事カードをお渡ししますので、ご記入の上お申し込みください。代金は、最終日の昼までに食堂にお支払いください。(お支払いは現金のみです。)
  4. 土日祝日、年末年始、年度初めは休業日となります。ただし、講座開催中の祝日は営業しています。

ルール・マナー

入所中のルール・マナーは次のとおりです。ご確認ください。

  1. 施設内では、名札をご着用ください。
  2. 受講時の服装は、軽装で結構です(スポーツウェア等、ジーンズ可。短パンはご遠慮ください)。スリッパ、サンダルは居住棟内のみでお願いします。スリッパ等の用意はありませんので必要な方はご持参ください。
  3. 休憩期間中も、他の教室で講義が行われている場合がありますので、話し声等に注意して受講の妨げとならないようにお願いします。
  4. 当センターでは個人情報保護のため、他の受講者の連絡先をお伝えすることはございません。
  5. 新型コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルス等の感染症を発症または発症の疑いがある場合、受講できず、途中退所となります。
  6. 講座期間中に郵便物・宅配便等受取りが必要な場合は、事前に事務室までお申し出ください。
  7. お持ちいただいた電子データの印刷は、居住棟1階ロビーに設置しているパソコン・プリンターをお使いください。
    ※教室、事務室内のパソコン・プリンターを受講者が使用することはできません。
  8. 居住棟ロビーでの飲酒行為はお断りしております。飲酒は居住棟の自分の部屋でお一人でお願いします。また、翌日の受講に支障のないよう飲みすぎにはご注意ください。
  9. 外出、外泊をする場合は届け出制です。門限は22時までとしております。

その他

  1. 受講生用の駐車場はございませんので、車、バイクでの来所は固くお断りいたします。ただし、足のご不自由な方等ご事情がある場合は事前にご相談ください。
  2. 受講生の故意又は過失により当センターが損害を被ったとき(鍵(部屋、ロッカー等)を紛失した場合や器物損壊等)は、その費用を負担していただきます。
  3. 各宿泊室で、各自受講生が持参されたパソコンでインターネットが利用できます (ポータブル無線LANルータ[貸出数に限り有り]) 。(無料)。
  4. 研修期間3日以上の講座のみ、宅配便(ヤマト宅急便)の取次ぎを最終日に行っています。(着払いのみ)
東京安全衛生教育センター

全ての働く人々に安全・健康を 〜Safe Work , Safe Life〜

中央労働災害防止協会
〒108-0014 東京都港区芝5-35-2 安全衛生総合会館

  • 厚生労働省
  • 安全衛生マネジメントシステム審査センター
  • 安全衛生情報センター