ホーム > 教育、セミナー・研修会 > 安全衛生トップセミナー

教育、セミナー・研修会

経営トップ層向けコース

安全衛生トップセミナー  割引サービス対象

企業のトップ層の方々を対象とし、著名講師陣による経営全般から安全・健康まで幅広い内容の講演と企業の事例紹介による情報を提供します。
また、参加者間の情報交換を通じての安全衛生のネットワークづくりなど、これからの安全と経営、安全衛生の取り組みの活性化について考えていただくセミナーです。

対象者

経営者、総括安全衛生管理者、工場長など

研修期間

1泊2日

定員

60名

お申込み

参加費

消費税 10% を含む

区分 正規金額 割引金額(*)
賛助会員 99,000円 59,400円
一般 110,000円 66,000円
  • *受講料の割引金額が対象となる事業場は、常時使用する労働者数が300人未満であり、かつ、労災保険の適用事業場です。
  • *上記要件を確認するために、労働基準監督署の受付印のある直近の「労働保険概算・確定保険料申告書(事業主控)」の写しを提出いただくことになります。(当該年度について2回目以降は労働保険番号を申込書に記載することで可)

備考

参加費には、テキスト代、食事代、宿泊費、消費税 10%が含まれています。

日程、開催地

日程 開催地 備考
12019年7月18日(木)~19日(金)神奈川県横浜市
ローズホテル横浜
22020年2月25日(火)~26日(水)兵庫県神戸市
神戸メリケンパークオリエンタルホテル

標準プログラム(都合により一部変更する場合があります。)

1日目

時間   1日目:内容
13時00分~20時10分 【開講挨拶 および“経営と安全衛生について”】 中央労働災害防止協会 理事長 八牧 暢行
【講演1】 創り育てる安全文化~安全行動が自然にできる職場を目指す~
西坂労働安全コンサルタント事務所 代表 西坂 明比古
【情報交換Ⅰ】
【講演2】 労働安全衛生行政の動向
厚生労働省 労働基準局 安全衛生部
【講演3】 経営戦略としての「働き方改革」~今、企業が取り組むべきこと~
立命館アジア太平洋大学(APU) 学長 出口 治明
【全体交流懇談会】

2日目

時間   2日目:内容
9時00分~16時30分 【JISQ45100の特徴と運用の効果 ~認証取得事業場のご意見から~】 中央労働災害防止協会 技術支援部次長
ISO/TC283 日本代表エキスパート 斉藤 信吾
【講演4】 「働き方改革」が従業員の健康に与える影響
~労働生産性の向上との関係~
河野慶三産業医事務所 河野 慶三
【情報交換Ⅱ】
【事例紹介】 花王グループ 現場におけるリスク管理と安全活動
花王株式会社 経営サポート部門
RC推進部 マネジャー(安全・防災) 上塩入 伸之
【講演5】 ISO45001時代の安全管理 ~トップマネジメントのすべきこと~
明治大学名誉教授工学博士/明治大学校友会名誉会長 向殿 政男

(敬称略)

受講者の声

  • 異業種の人たちとの情報交換は新鮮で、新たな気づきやヒントが得られ大変参考となった。
    特に安全活動に対する悩みは共通であるところが多く、実施事例などを聞いて参考になった。
  • 自社の進んでいるところ、足りないところが認識できた。
  • 本セミナーを受講して刺激を受け人材育成のためにも、安全文化を社内に取り入れようと思った。

お問合せ

  • 中央労働災害防止協会(中災防) 教育推進部
    TEL 03-3452-6257 FAX 03-3453-3449
    E-mail: kyoiku@jisha.or.jp